ネット界の“旬”なニュースをお届け!

SNSで「おへそチャレンジ」流行中

2015.06.23 TUE

噂のネット事件簿


中国人女優、ヤン・ミーのチャレンジ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
SNSでは、テーマに沿った撮影や自撮りのアングルなど、ひとつの写真の撮り方が爆発的に流行することがあるが、この度、中国発の「Belly Button Challenge」(おへそチャレンジ)というポーズが話題を広げている。

「おへそチャレンジ」とは、片方の手を背中から反対側の脇腹に回し、さらにおへそに手が届くかどうかというもの。“これができればウエストが細く、体も柔らかい証明になる”というわけだ。

デイリー・メールなどによると、火を点けたのは中国版Twitter「Weibo」。これができれば「スタイル抜群」という謳い文句に何千もの人がチャレンジし、一大ブームになった。これが海外に飛び火し、女優やセレブなどをはじめ、スタイルに自信のある女性が続々とネット上に、「#bellybuttonchallenge」というハッシュタグで「おへそチャレンジ」写真を投稿。さらに、体の硬い人やビール腹の男性など、様々な人たちが挑戦している。

日本でも、海外の話題を伝えるブログ「ユルクヤル」などでこのことが紹介されると、Twitterには「やってみた」という報告が続出。

「おへそチャレンジ余裕」

という声もあれば、

「おへそチャレンジあと2センチで出来るのにいいいいいいいいいいいいいいいいい」

と悔しがる声もあるが、

「Belly Button Challengeって抜群のプロポーションの人しかできないってあおり文句だったからやってみたけど普通にできた」
「おへそチャレンジ成功したけどデブだよ」
「おへそチャレンジ普通に出来てしまった 鬱」
「おへそチャレンジできるタイプのクソガリマン」

と、「できたからといって、スタイルが『良い』という証明ではない」と何やらモヤモヤを抱える声も多数。また、

「belly button challengeってヤツ真似してあと少しでヘソに手が!!ってなった時に肩がつりそうになって危うく仕事が出来なくなるところでした。(年を考えろと)」

など、危うく体を痛めかけた人もいたようだ。くれぐれもチャレンジする時は無理をしないように…。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト