エッチに燃える二人の関係は燃え尽きやすい?

恋愛「短命カップル度」診断リスト

2015.07.05 SUN


「条件重視の人はすぐに別れる恋愛をしがち。スペックばかり気にしてフィーリングが二の次になり、短期間で別れることに。また、恋に恋してしまうタイプも交際が落ち着いた頃に『こんな人だったっけ?』と愛情が一気に冷めることが多いです」(島田さん) 写真提供:wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)
情熱的に燃え上がったかと思いきや、すぐに別れてしまうカップルは意外と多いもの。今は順調だと思っているアナタも、短命カップルになってしまうかも? そこで、男女関係に詳しい“女豹ライター”の島田佳奈さんに、長続きしないカップルの傾向を診断するチェックリストを作成してもらった。

【長続きしないカップルチェックリスト9】
□1 いつもオシャレなレストランで食事をする
□2 デートの前夜は翌日に備えて、ファッションチェックや全身のケアを怠らない
□3 いつも自分の部屋か外出ばかりで、相手の部屋に行ったことがない
□4 相手の仕事の内容や、日常の行動について詳しく知らない
□5 お互いの学生時代など、過去について話すことがない
□6 デートは基本的に平日の夜。休日は各々別に過ごすことが多い
□7 メールやLINEの返事が遅いと、浮気を疑ってしまう
□8 相手のことを浪費家またはケチだと感じる
□9 デートの時は必ずエッチをする

4項目以上当てはまるカップルは危険ゾーン! 今は「ずっと続く」と思っていても、別れはすぐそこまで迫ってきているかも?

島田さんによると、1・2に当てはまる人は、「相手に心を許していない状態」とのこと。毎回のデートで気合を入れていると、いつかスタミナ切れになってしまい、いずれ会うのが面倒に。

3・4・5では、「恋愛への本気度」が浮き彫りに。住まいや日常生活の情報は、通常であれば付き合いの初期段階で知っていて当然。けれど、部屋に来るのを嫌がるなど、なかなか自己開示をしてくれない相手は、深層心理では本気の恋愛を求めていない状態なのかも。長続きするとは考えづらい。

6についても、休日に趣味や自分の時間を優先して、長い時間会う機会がない…という状態は、お互いへの愛情が希薄な証拠なんだとか。お互いに自由を満喫しているうちに、ふと「なんで付き合ってるんだっけ?」と疑問に思ってしまうケースが多いそう。

7・8では、相性の良し悪しが明らかに。メールに返事をする間隔を「遅い」と感じるのは、フィーリングや生活サイクルの不一致。さらにそこから不信感を持ってしまうカップルは、信頼関係が築けていないということに。交際3カ月以上経ってもこの状態を脱していない場合、長く続かないカップルがほとんどだという。また、金銭感覚のズレは付き合いが長くなるほど顕著になるもの。お互いの金銭感覚が不快な場合、将来を見据えた交際に進展するのも難しい。

9に当てはまるカップルは、逆にいえばエッチ抜きではデートが盛り上がらないということ。体調が思わしくない時などにエッチしなくても楽しく過ごせるのは、長続きするカップルの必須条件だ。

いかがだろう? 心当たりがあるという人は、今からでも付き合い方を見直す必要があるのかも。

「最も大切なのは、“長続きする”ことを目的にしないこと。必要以上に力を入れすぎず『好きだからずっと仲良しでいたい』という自然体でいると、結果的に穏やかな時間を積み上げることができるはず」と島田さん。一緒にいるのが自然と思える状態こそが、長続きするカップルの秘訣といえそうだ。
(有栖川匠)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト