ネット界の“旬”なニュースをお届け!

売上9億円!YouTuberが「お金」を語る

2015.07.13 MON

噂のネット事件簿


YouTubeの「スター」と称されるフェリックス・シェルベリさん。イケメンっぷりも人気の理由? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2014年に9億円を稼いだと報じられたYouTuberの「PewDiePie」ことフェリックス・シェルベリさん(25歳)が7月7日、「Lets Talk About Money.」(お金について話そう)という動画を公開。シェルベリさんのお金事情について気になった人は多いようで、10日時点で500万以上再生されるなど注目を集めている。

シェルベリさんは「ゲーム実況動画」を多く投稿しており、現在「チャンネル登録者」数は約3784万人にも上る(7月10日時点)。スウェーデンのニュースサイト「EXPRESSEN.SE」によると、シェルベリさんは2014年、6370万スウェーデンクローナ(約9億1300万円)を売り上げたそう。

シェルベリさんはお金のことについては、「動画を作りたかっただけだから」と言及を避けてきたというが、今回公開した動画では、

「お金が嫌いなわけではないよ! そこんとこよろしく! お金なんて、関係ない! みたいなことは言わない。誰にだって、お金は重要だろ?」(編集部訳・以下同)

とコメント。あまりに収入の多さが注目されるため、一度それについて話しておこうという気になったようだ。

動画のなかでシェルベリさんは、

「2010年、YouTubeにゲーム動画の投稿を始めたころは大学生で、学費を払うのに学生ローンを組み、ゲームをするPCも満足に買える状況ではなかった」
「その後大学を中退し、ホットドッグスタンドで働きながら動画投稿を続けてきた」

など、不遇の時代を語ったが、一方で、

「当時やりたいこと(動画投稿)をするために出来る仕事を選んだだけで、不幸せでは全くなかった」
「今、お金を稼いでいるからって幸せな訳じゃない。僕は、5年前と同じくらい、今も変わらずに幸せ。もちろん、家賃を払えないと心配する必要もなくて幸せっていうのはあるけど、それ以外は特に変わっていない」

と、大金を得るようになった今でも、貧しかったころとあまり価値観が変わっていないことを強調した。

また、彼が大金を得ていることに対して批判的な声については、

「募金団体も立ち上げたんだけど、そういうのは、あまり取り上げられない」

と残念がる。

今回の動画は、日本のツイッターでも

「ごいすー。ゲーム実況ってこんなに儲かるんだ・・・」
「こういうのかっこいい」

という声が投稿されるなど、称賛されている。時代の寵児ともいえるYouTuber。そんなYouTuberが自身のお金について語る動画に注目する人は多かったようだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト