ネット界の“旬”なニュースをお届け!

3色ごはん論争勃発 貴方は何色?

2015.07.17 FRI

噂のネット事件簿


焦点となるのは3色目の「緑」。とはいえ緑以外の報告例も少なくない
お弁当の大定番メニュー「3色ごはん」について、あるツイッターユーザーから3色のバリエーションを問うツイートが登場。ご飯に載せる具を巡って議論となっている。

議論の発端となったのは、7月14日にあるツイッターユーザーが発したツイートだ。このユーザーは、3色ごはんといえば、肉そぼろ・いりたまご・にんじんの3種だと思っていたが、夫から「にんじんじゃなくグリーンピースだ」との指摘が入ったという。そこで「他のひとに聞いたら、まだまだ未知の3色ごはんのバリエーションが現れそう…」と呟いたところ、これに多くのツイッターユーザーが反応した。

登場した声を見てみると、「鶏そぼろ」と「いりたまご(もしくは錦糸たまご)」は確定で、残りの1色が問題になるようだ。その1色は、

「グリーンピース」
「ほうれん草」
「きゅうりスライス」
「さやいんげん」
「ピーマン細切り」
「絹さや」
「枝豆」
「いんげん」

など“緑色系”が主流だが、

「焼き鮭のほぐしたの」
「海苔」
「きざみのり」
「さくらでんぶ」
「鮭フレーク」
「ほぐしたしゃけ」

など、緑以外を用いた3色のパターンも登場し、さらには「3色ごはんって鶏そぼろ、いりたまご、白米の3色だと思ってました」という“変形3色”をあげる人も。

こうした結果に対し、ツイッターには、

「鶏そぼろ・錦糸卵・刻み海苔が九州のスタンダードじゃないかな?」
「道民勢だけが3色ごはんに対してさくらでんぶと答えてるんだけどこれ別に北海道限定じゃないよな!?」
「『3色ごはん』ってその家庭によってちがうのか・・・私のとこはたぶん私の好みに合わせて そぼろ 卵 しゃけ だったわ」
「鳥そぼろ卵そぼろは統一されてるっぽいけどあと1色で地域差or母差が出てるっぽいな」

など、地域や家庭によって違いがあることに驚くコメントが多数投稿されていた。そして、

「当たり前の組み合わせかと思ってたけど家庭によって違うんだなぁ」
「地域によって給食の3色ごはんも違うみたいで、子供の好みによっても変化したりしてて、ほんとに十人十色って感じですね~」
「3色ごはんの中身 結構バラバラなんだね」

と、全国区のメニューゆえにあえて「3色ごはん」の中身について話し合う機会がなかったためか、思いのほか違ったことに感心する声が寄せられていた。議論をきっかけに3色ごはんを食べたくなった人も多かったようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト