ネット界の“旬”なニュースをお届け!

新モテ条件「留年男子」とは?

2015.07.30 THU

噂のネット事件簿


大学までは辿り着いても授業に出ないのが留年男子
「○○男子」という表現もいい加減に出尽くした感があるが、この7月末に「留年男子」なる単語がネット上を席巻している。モテ要素になるはずのない「留年」が、なぜもてはやされるのだろう?

盛り上がりのきっかけとなったのは、あるツイッターユーザーが投稿した画像付きのツイートだ。画像は「愛情もW(ダブル) 今、みんなが知りたい留年男子のこと。」というキャッチコピーがついた雑誌記事の誌面を写したもので、「母性本能をくすぐる」「孤独に強い」「謙虚」「一芸に秀でている」「大人の魅力」などのモテ要素が紹介されている。

この“斜め上”からの視点は、ネットユーザーにも衝撃を与えたようだ。ツイッターを見ると、

「留年男子ってただのゴミ男じゃんって思うし学校サボっていきがってるの見るとバカだなって思ってしまうな」
「留年男子ってただのダメ人間なのでは」
「留年男子とかマジ無理」

と、真っ当なツッコミは少なくないが、

「留年男子ワンチャンあるとかサイコー」
「チョイワル好きみたいなもんだろうか」
「留年男子の本当におすすめできるポイントは留年出来るだけの金が家庭にあるってとこだから」
「ついに時代が来たか」

など、まさかの逆転現象を喜ぶ声も多く寄せられた。

実は、今回話題となった画像は、京都大学の学生向けフリーペーパーに2012年に載せられた記事で、もちろんネタとして作成されたものだ。しかしツイッターには、

「高校のとき何人かいた留年男子はわりとみんな面白い人だった」
「確かに留年する男は大体リア充だな」

というコメントも寄せられており、ほんの一部ながら留年男子の魅力を認める人も登場している。留年するだけでモテるならこれほど簡単なことはない。とはいえ、モテるための努力として留年するのは本末転倒かも…。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト