ネット界の“旬”なニュースをお届け!

警察の詐欺ソングがシュールと話題

2015.08.04 TUE

噂のネット事件簿


板柳警察署の詐欺ソング。シュールな歌詞と曲調が「嘉門達夫風」という声も ※この画像はサイトのスクリーンショットです
青森県・板柳警察の署員が歌う「詐欺被害防止ソング」が話題だ。特殊詐欺の事例をテーマにした歌詞の曲で、作曲・演奏ともに板柳警察署員が行っている。

この曲はもともと今年5月に発表されたもの。共同通信社によれば、7月15日に路上ライブを行って町民に披露したとのことで、27日には最新手口を盛り込んだ新バージョンが青森県警のHP上で公開された。その歌詞はというと、

「『もしもし俺だけど。風邪ひいて喉の調子が悪いんだ。』 は詐欺 特殊詐欺」
「『あと、携帯電話の番号、変わったから』 も詐欺 特殊詐欺」
「『おめでとうございます、あなたに購入の権利が当たりました』 も詐欺 特殊詐欺」

などといったもの。「詐欺・詐欺・詐欺・詐欺・詐欺 そ・れ・は、詐欺~! 気を付けて」と注意を呼びかけている。共同通信は15日に行われた路上演奏の動画をYouTubeに掲載しているのだが、聴いてみると何ともクセになるメロディーだ。ツイッター上では、

「♪詐欺、詐欺、詐欺、詐欺、それは詐欺~♪てのが頭から離れない(笑)し、詐欺の手口が分かりやすい!」
「これはええねー。頭の中ループだ。ユーモア溢れるお巡りさん」
「間のせりふが絶妙です。気・を・つ・け・て!」

などと、歌詞とメロディーが頭から離れないという声が相次いでおり、啓発に一役買っているのは間違いないもよう。

“詐欺ソング”といえば、愛媛県警でも6年前に制作された「騙されん音頭」の新バージョンが7月28日に公開され、注目を浴びている。警視庁によると、昨年の特殊詐欺の被害総額は、約566億円で前年より2割増加。今年は5月末までで被害総額約193億円以上となっている。今回の歌など、被害防止の策がとられているが、高齢者にどれだけ浸透するかがカギといえそうだ。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト