ネット界の“旬”なニュースをお届け!

中年非正規増大で「日本終了」の声

2015.08.06 THU

噂のネット事件簿


増え続ける「中年フリーター」
毎日新聞が8月4日、35歳以上の「中年フリーター」が、ここ20年増加の一途をたどっていることを伝え、波紋を広げている。

総務省「労働力調査」によると、非正規雇用労働者の数は2015年1~3月期平均で1979万人にのぼり、これは労働者全体の37.7%を占める。また、厚生労働省の「非正規雇用の現状」によると、34歳までの非正規雇用労働者数はピークだった2004年より減少しているが、35歳以上では増加し続けている。

毎日新聞はこれに対し、35歳以上の世代は90年代後半の「就職氷河期」に直撃されていること、また新卒就職時に非正社員として採用されると、中途で正社員に転換することはなかなか難しいことを指摘。就職氷河期のフリーター層がそのまま「中年」になっている現実を伝えた。

毎日新聞では、「35~54歳の非正規の職員・従業員(女性は既婚者を除く)」を「中年フリーター」と定義。記事内での三菱UFJリサーチ&コンサルティングによる試算では、この「中年フリーター」は、90年代は130万人台だったが、2015年には倍以上の273万人に達しているという。

この内容を受け、ツイッター上には、

「数十年後、これは極めて深刻な問題となって日本社会に降りかかってくるだろう」
「『多様な働き方』って名目で政府が非正規をすすめようとしてる
正社員よりモチベも下がるしその子供も貧困になるからもう日本は終わりだ」
「将来、この状況をどうするのだろう。大きな社会保障負担になる可能性が高い、
それをやらなければ、社会が不安定化。問題が顕在化していても無視状態のつけが目の前にきている」
「生活基盤が脆弱すぎて未来もへったくれもない。『子育て? なんですか、その無理ゲー』という時代に放り出された世代だったと思う。これからもそうだけど」

と危機感を募らせる声が続々と投稿されている。さらに、この状況に対し、

「団塊ジュニア世代は呪われてると思う( ̄ー ̄)
メンタル強くないと生きていけない」

という声も。「中年フリーター」がこの先「中年」ではなくなる頃、日本の雇用はどうなっているのだろうか。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト