ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「クーラーつけっぱお得説」本当?

2015.08.10 MON

噂のネット事件簿


節約・省エネのためにこまめにエアコンを消したり、タイマー設定をしたりするものの、やはりクーラーなしではすぐに暑くなってしまう…
東京で8日連続の猛暑日を記録するなど、今年の夏は全国的な猛暑に襲われている。これだけの猛暑だとクーラーを使う機会が多くなるが、どうしても気になってしまうのが電気代。そこに「クーラーを24時間つけっぱなしにしても、電気代はそれほど上がらない」という内容のブログ記事が登場し、話題となっている。実際にはどうなのだろうか?

8月4日、あるブロガーが「毎日24時間クーラーをつけっぱなしで一ヶ月過ごした結果」というブログ記事を公開した。ブロガーは、すでに“つけっぱなし”を実行している妹から、「つけっぱなしとお出かけのために切ったりつけたりするのは、ひと月で1000円~2000円ぐらいしか変わらんで」と言われ、自らもつけっぱなしを実践することを決意。7月の1カ月間、

「設定温度は28度。
寝る前に時々27度にするぐらい。
外に出かけるときもつけっぱなし」

という条件で生活したところ、電気代は前年同月比でわずか2000円のプラスにとどまったという。

この結果には、ネットユーザーも大いに驚かされたようだ。ツイッターには、

「へえぇーーーーーっ!」
「ほ‥‥ほんとうか!本当なのか!?」
「まじか!ならそうするぞ。」
「これはいい実験…!! ウチもやろうかしら……」
「これ、今日からでも実行したい気がしてきた」

と、驚きと感動の声があがった。また、

「自分もずっとつけっぱなし。7月は6月よりも2000円くらいしか電気代上がってませんでした」
「うちは前から暑い時期は着けっぱなしです。明らかにその方が省エネです」(原文ママ)

など、ブロガーに同意する人も次々と登場。記事には「いいね!」が2.8万件つく(8月10日時点)など、多くの人に読まれた。

つけっぱなしにすることを、“プロ”はどう見ているのか? 三菱電機のWebサイトには、「エアコンの運転は必要な時間だけに」と明記されており、「タイマーを活用するなど、必要な時間だけ運転しましょう」と述べられている。また、東京電力も「暖房や冷房の上手な使い方は『~すぎないこと』。(中略)1日1時間、使用時間を減らすだけでも大きな省エネ効果があります」と記しており、つけっぱなしはまったく推奨していない。

しかしブロガーは、「つけっぱなしだと快適で身体に負担がありません」「暑い外から帰宅した時の爽快感は何とも言えません」と述べたうえ、頻繁に浴びていたシャワーの水道代とガス代が約2500円減ったため、「トータルではつけっぱなしの方が安くなりました」と結論づけている。

電気代だけで考えると、やはり「つけっぱなし」のほうが多少電気代はかかるものの、そのほかの光熱費を節約でき、結果的に安上がり…というのが実際のところのよう。だが、「クーラーをつけっぱなしの方が経済的」という実験結果は、多くの人を誘惑したことは間違いないようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト