ネット界の“旬”なニュースをお届け!

マックコミケセット オタには余裕?

2015.08.17 MON

噂のネット事件簿


アキバの新店舗情報を伝える「アキバ日報」アカウントによると、同人の“聖地”秋葉原のマクドナルドでも「コミックマーケット特別セット」が販売された模様 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月14~16日、東京ビッグサイトで日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)88」が開催。最終日は過去最多タイとなる約21万人が来場し、総来場者数は約55万人に達したと報じられた。

例年大混雑となるコミケでは、期間中に周辺のコンビニエンスストアがおにぎりやサンドイッチ、飲み物を大量に用意するなど臨戦態勢を整える。ローソンは精鋭スタッフ40人を動員。カフェ・ベローチェでは、店員全員を店長クラスのスタッフで固め、始発で来場する人に併せて開店し、さらに今年はかき氷メニューも投入するなどの力の入れようだ。

そこに今年、マクドナルドが参戦。有明パークビルズ店で、「コミックマーケット特別セット」と称して「チャレンジセット(税込1490円)」と「無難なセット(税込990円)」を販売したことが話題となった。

「チャレンジセット」の内容はメガマック(776kcal)+マックフライポテトL(571kcal)+ドリンク650ml(280kcal ※コカ・コーラの場合)+チキンマックナゲット15ピース(840kcal)で、総カロリーは2467kcal。

「無難なセット」はチキンフィレオ(467 kcal)+マックフライポテトS(249 kcal)+チキンマックナゲット5ピース(280 kcal)+ドリンクM(140 kcal ※コカ・コーラの場合)+マックフルーリー(211 kcal ※オレオクッキーの場合)で、総カロリーは1347 kcal。

1食食べれば一日中会場内にいても大丈夫…というコンセプトなのかどうかは不明だが、とにかくすごい量であることは確かだ。コミケ開催前には、「食べきれるのか!?」などと大いに話題になったが、ツイッターには、

「ビッグサイト前のマクドナルドでコミケ限定チャレンジセットってのを食って吐きそう。さすがに多すぎた」
「6時間ほど前に食べたチャレンジセットがまだ腹の中にある感覚。。。」

など、やはり多かったという声や、

「そういえば、昨日のコミケ帰りにマックでチャレンジセットなるものを頼んだが、シェアするには調度よかった! 飲み物もでかかったwww」(原文ママ)

と、ひとりでは無理だが数人で分けるならいい、などの報告が続々と寄せられた。なかには、

「コミケ限定セットのチャレンジセット(1490円)食べました わりとふつーでした」
「コミケ限定チャレンジセット(俺の朝食))」
「国際展示場近くのマクドでコミケ期間特別メニューのチャレンジセット。これで一日分のカロリー。今日はある意味肉体労働なので、体がカロリーを欲してる」

など、“余裕”という強者も…。

今後はマクドナルドもコミケ特別メニューが“恒例”となる?
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト