ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ディズニーホテルの予約金高すぎ?

2015.08.25 TUE

噂のネット事件簿


宿泊予約時に3万円の「申込金」を導入するディズニーホテル ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東京ディズニーリゾートは、2016年4月1日以降にディズニーホテル(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル)の宿泊予約をする際、申込金を徴収する制度を導入する。

申込金は1室1滞在につき3万円。予約時に支払い、宿泊料金の一部として扱われ、残額を宿泊時に精算することとなる。また、予約をキャンセルする際には「取消料」が発生。14日から8日前の取り消しでは1室あたり1万円、7日前から2日前の取り消しで1室あたり2万円、前日・当日の取り消しで1室あたり3万円の取消料となる。

つまり、予約時に宿泊費の一部をあらかじめ支払っておくというこの制度。ツイッターでは、

「これはいいな!こんな風に転売屋対策してほしい」
「ディズニーホテル予約金必要になるのかー、やたら大量に取る人対策で仕方がないね」(原文ママ)
「『とりあえず予約』の抑止にはなるのかな」
「無計画な『取り敢えずキープ』な輩を排除するためには、やむを得ませんね」

などと、宿泊券の転売などを目的とする人や、宿泊できるかどうかわからないのに見込みで予約しておくという人が減ることを期待する声が多い。

とはいえ、予約時に3万円という申込金を高額だと感じるネットユーザーも多く、

「さささささささささんまん…?3万!? ふええ…貧乏人には大変な額だよお… 誕生日と結婚記念日がギリギリ期間内だから今からお金貯めよう…」
「うーん・・総合予約センターがすごくよくしてくれてるからいつも予約につかってたんだけど・・ほぼ一室料金とるってどうなのさ・・・。友達でいくのとか大変そう・・」

などの意見も寄せられていた。

より多くの人がディズニーホテルを利用できるようにするための措置とはいえ、3万円の申込金は少々高いと思う人が多かったようだ。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト