ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「国勢調査」ネット可能に歓迎の声

2015.08.27 THU

噂のネット事件簿


「なぜこの3人?」という国勢調査キャンペーンサイト ※この画像はサイトのスクリーンショットです
5年に1度行われる国勢調査について、政府は今回からインターネットでの回答の受け付けを開始。8月20日に特設サイトがオープンし、9月10日から回答を受け付ける。

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯が対象となる、国の最も重要な統計調査。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、性別、出生年月、配偶関係、就業状態、世帯員数、住居の種類などの質問があり、その結果は福祉施策や生活環境整備、災害対策などに利用される。

これまで国勢調査は、国勢調査員が調査票を世帯ごとに配布し、調査員が収集するか郵送で提出する方法が用いられてきた。しかし今回は、調査票の配布に先行して調査員が各世帯を訪問し、「インターネット回答の利用案内」を配布。一定期間、インターネット回答を受け付けた後、インターネット回答のなかった世帯にのみ調査票を配布・回収する方法で行われる。インターネットでの回答は、与えられたIDとパスワードを入力し、パソコンやスマートフォン、タブレットなどから行うことができる。ツイッターには、

「セキュリティは大丈夫なのかよ、年金でボケてるのに信用できないぞぉ」
「ネット回答って 大丈夫なのかな~~」

といった声もあるものの、

「ネットでの国勢調査って今まで無かったのに驚き」
「今年からネットでできるらしい( *`ω´)ハイテクだね」
「ネット活用どんどん進めて下さいな」

など、概ね好意的だ。今回はおよそ70万人の国勢調査員が調査にあたるが、ネット利用が進めば、調査員の人件費や調査票の印刷代など、次回以降の大幅な経費削減も可能とみられる。ネット回答は9月10日~20日の11日間となっている。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト