ネット界の“旬”なニュースをお届け!

スタバ缶、味好評も「コスパ悪い」

2015.08.28 FRI

噂のネット事件簿


「一度は飲んでみる」という人は多いが、今後の売れ行きはいかに ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スターバックスが8月25日から、コンビニエンスストアでブラックのボトル缶コーヒーを発売し、注目を集めている。この缶コーヒーは、サントリー食品インターナショナルとの共同開発商品で、店舗で提供している「パイクプレイス ロースト」の味わいを再現した「スターバックス ブラックコーヒー パイクプレイス ロースト」(275g、税別200円)。スターバックスは2005年からチルドカップコーヒーを販売しているが、ボトル缶コーヒーは初めてとなる。

同社によると、この缶コーヒーは、「カカオや炒ったナッツのようなほのかな香ばしさに、やわらかな酸味」「丸みを帯びた口当たりとなめらかな後味」が特徴。またコーヒー本来の味を損なわないよう、香料は不使用だという。

早速飲んでみた人たちの感想が、ツイッター上に続々とあがっており、

「スタバのボトル缶コーヒー旨い」
「スタバの缶コーヒー酸味少なくて美味しい」
「コンビニで売ってるスタバのブラック缶コーヒー。値段相応だけど、美味しいよー」
「缶コーヒーとは思えない香りとコクに大満足です!」
「スッキリ、缶コーヒーぽくなく飲めました。素晴らしい」

など、味に関する評判は良い。しかし、他の缶コーヒーに比べ値段が高めなので、

「飲んだ。美味しかった。んが高い」
「缶コーヒーにしては美味しいけどやっぱり缶コーヒーやなって感じ( ´_ゝ`)スタバでコーヒー頼むより安いけど缶コーヒーにしてはメッチャ高い( ´_ゝ`)」
「スタバの缶コーヒー、美味いけど高いし量少ない( ・ε・)」

などという意見も多くみられる。

そして、多かったのは競合となるタリーズコーヒーのボトル缶コーヒーと比較する声。タリーズコーヒーは2009年にボトル缶コーヒーを発売しており、愛飲者は多い。ちなみに現在販売されている「TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK」(285ml)は税別124円。ツイッターには、

「今までタリーズばっか飲んでたけどこれからはこっちになりそう!」

とスタバに軍配を上げる声もあるが、

「スタバの新規参入した缶コーヒー飲んだけど、個人的にタリーズの缶コーヒーの方がおいしかった」
「お店のスタバとお店のタリーズだとどちらかわかりませんが、缶コーヒーだとタリーズのほうが美味しい気がします」
「(スタバの缶コーヒーは)オイラ好みの味ではあるが、値段を考えると今後も『タリーズ』に手を伸ばすかな…。両者とも味は似ているがスタバの方がやや薄めか…このサイズで¥200はチト高い気もする」

と、値段も含めてタリーズに高い評価を与える人が多い印象だ。ちなみに、より詳しく味を分析した人からは、「サントリーのスタバ・ボトル缶コーヒー、バランスのとれた味で旨い。香料で特徴を出しているタリーズとはい別路線という感じ」(原文ママ)といった感想もあがっているので、その日の気分で飲み分けるのもひとつの手かもしれない。

味の高評価は受けつつも、“やはりコスパが悪い”という声は無視できないほど多くあがってしまったスタバの缶コーヒー。今後、味の良さでどれだけリピーターを確保できるかが課題となる。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト