ネット界の“旬”なニュースをお届け!

スマホ連動傘立て&ゴミ箱は必要?

2015.08.31 MON

噂のネット事件簿


スマホと連携する「Unbrella stand」。10月下旬より「au WALLET Market」で販売される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スマホと連携したりネットに接続したりして操作できる、冷蔵庫や洗濯機などといった「スマート家電」が増えているが、ついにスマホと連携する傘立てとゴミ箱が登場し、話題となっている。

KDDIが10月下旬に発売する「Umbrella stand」と「Dust bin」は、いずれもBluetoothでスマホと通信を行い、専用アプリで操作できるインテリア雑貨だ。

「Umbrella stand」はその名の通り傘立てで、専用アプリをインストールしたスマホを持って近づくと、降水確率に応じてLEDランプの色が変化。晴れならオレンジ、くもりなら白、雨なら青に光り、傘を持っていくべきか否かがわかるという。

一方「Dust bin」はゴミ箱。専用アプリをインストールしたスマホを近づけると、LEDが点灯。赤く光れば可燃ごみの収集日、青く光れば不燃ごみの収集日、といったように、ゴミ収集の予定を知らせてくれる。

家電だけでなく、雑貨もスマホと連動する時代となったわけだが、ツイッターでは、

「機能もさることながら、インテリアとしても十分使えそう。面白い」
「いろんなものがスマートになってくと面白いなぁ。未来だね」

など、好意的コメントもある一方で、

「これわざわざゴミ箱や傘立てにBluetooth機能つけなくてもスマートフォンのアプリで通知バーにゴミの日のお知らせ出すとかで良いんじゃないかな。って言うのは野暮なのかな」

と、疑問を呈す声もあった。

パソコンやスマホなどといったIT関連機器ではない、白物家電や雑貨をインターネットに接続することを「IoT(Internet of Things)」と呼び、今後の普及が期待されている。今回の傘立てやゴミ箱はまさにIoTといえるものだが、ネットでの反応を見ると、定着するには程遠そうだ。しかし、

「今はまだIoTの勝ちパターンがないから、いろんなアイデアを実行して探る時期だしこうゆうのもアリだな」
「こういう遊び心から次が生まれる。全然興味のない人がこれを見て何か思いつくかも」
「これ単体では微妙だけど、通信会社が今後ネットワークを構築する意味で面白い一歩だと思う」

などと、このような商品が今後のIoTのアイデアにつながるとの見方も多い。どんな高度な技術も急激に発展した訳ではなく、少しずつ進んできたもの。IoTもこれからということのようだ。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト