ネット界の“旬”なニュースをお届け!

初音ミク生誕祭!なぜか8月31日

2015.09.01 TUE

噂のネット事件簿


8月31日生まれの初音ミク。果たして何歳の誕生日なのか… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
8月31日といえば、多くの学生にとっては夏休み最終日の憂鬱な日。しかしツイッターでは、そんな憂鬱感を吹き飛ばすような“生誕祭”が繰り広げられた。

この日誕生日を迎えたのは、ボーカロイドの初音ミクだ。架空のキャラクターなのに…というなかれ。日付が変わった瞬間から、

「ああ~~ミクさんお誕生日おめでとう~~~~~~!!」
「ミクさん誕生日おめでとう!まだまだ楽しませてくださいね」
「そっかミクって今日誕生日か~!おめでとう!」

と、初音ミクの誕生日を祝うツイートが続出し、0時~0時15分のわずか15分間で、「ミク 誕生日」を含むツイートは3000件以上登場。31日全体では2万件以上に達した。

ただ、この日が誕生日だということを知らなかった人も多いようで、

「今日って初音ミクの誕生日なのか 3月9日かと思ってた」
「ミク絵多いなーと思ってたけど今日が誕生日なのか。3月9日じゃなかったのね」
「ミク好きな人にめっちゃボコボコにされそうだけど暴露します… 俺ミクは3月9日が誕生日だと思ってました」

など、「ミク」の語呂合わせから3月9日が誕生日だと思っていた人も多かった様子。

もともと「生誕祭」という言葉は宗教的な意味で存在したが、AKB48のメンバーの誕生日を祝う劇場公演のイベント名などで使用され、そこからアイドルやアニメ・ゲームキャラの誕生日を祝う意味で使われるようになったと思われる。現在ネットでは、毎日のように「○○生誕祭」がある。この8月31日は、『黒子のバスケ』の青峰大輝の誕生日でもあり、ツイッターには「#青峰大輝生誕祭2015」というハッシュタグが登場していた。

キャラクターへの愛情の深さを示す手段として、「ツイッター生誕祭」という文化は浸透しているようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト