ネット界の“旬”なニュースをお届け!

酒たばこ18歳解禁案ネットでも賛否

2015.09.03 THU

噂のネット事件簿


ネットでは反対意見が多い酒・たばこ18歳解禁案
自民党の成年年齢に関する特命委員会は9月2日、民法における成人年齢のほか、飲酒や喫煙を可能とする年齢を18歳に引き下げることを、会合で提案した。選挙権年齢の引き下げを受けての提案だったが、健康面での悪影響や高校における生徒指導の問題が指摘され、了承は見送られることとなった。特命委員会は来週中に関係部会等を開き、改めて議論するという。

いったん保留となった、飲酒・喫煙の18歳解禁案。ツイッターでの意見を見ると、

「いいと思う。大学生は多くの人が10代で居酒屋行って飲んでるし。
個人のモラルが一層必要になる」
「国が酒・タバコの解禁を18歳に引き下げようとしてることについて。賛成です! 会社・大学なんかは未成年と成年が同じ空間にいるし、飲み会とかあれば飲んだり吸ったりしてまうよ」

と、賛成意見もあるが、

「精神的なものやら何やらで18歳を成人として改めるの、まだ理解出来る部分はある。でも酒・煙草も引き下げって、そもそも健康面での問題なのにいきなり2歳も下げて良いのかね?この際ついでに下げとこうぜみたいな悪い感じにみえたw」
「お酒もタバコも『23歳から』はあっても18歳からはありえんやろ。税金とりたいの丸わかりやん」
「若い子が酒呑んで アル中とかニュースになってたり、 煙草は体に良くない訳だし それを増やすつもり?って 私は疑問に思うし」

など、酒たばこの18歳解禁には反対の意見が多く、むしろ年齢を引き上げるべきだとの声も少なくなかった。また、

「選挙権と連動して酒タバコ18歳解禁となって完全大人扱いってことだと聞いて心配なのは国民年金。ひょっとして18歳から払わなきゃならなくなるなんてことないよね。それだけは勘弁」

と、酒やたばこの解禁だけでなく、成人年齢が18歳に引き下げられることのさらなる波及を懸念するネットユーザーもあった。

酒・たばこが健康に与える影響が広く認知されつつあることを考えれば、解禁年齢の引き下げは、時代と逆行するものとなるのかもしれない。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト