ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「超泣けるAV」異色ライブ作話題

2015.09.04 FRI

噂のネット事件簿


劇場版も公開されているアダルトビデオ『どついたるねんライブ』。もちろん18禁。「AV OPEN 2015」の投票結果は、11月17日の授賞式で発表される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アダルトビデオ作品の日本一を決定する「AV OPEN 2015」のネット投票が9月1日にスタートした。

「AV OPEN 2015」は、アダルトビデオメーカー各社が「企画部門」「女優部門」「マニア・フェチ部門」など7部門に出品した合計88タイトルのアダルトビデオを対象にネット投票を実施し、各部門の第1位、および総合グランプリを決定するというイベント。都内では宣伝トラックが走るなど、決してアンダーグラウンドなものではなく、大規模なイベントとなっている。

そんな「AV OPEN 2015」の出品作のなかで、ひときわ異彩を放ちネット上で話題となっているのが、『どついたるねんライブ』という作品だ。

アダルトビデオメーカー・HMJM(ハマジム)が制作したこの作品は、ロックバンド「どついたるねん」の完全招待制ライブの会場で男優と女優がカラミを展開するという実験的な内容。しかも、一般的なアダルトビデオのようにカラミに重きが置かれているわけでなく、あくまでもドキュメンタリー作品としての色合いが強いのが大きな特徴だ。

アダルトビデオとしてはかなり異色な『どついたるねんライブ』。ツイッターでは、

「これはイイ!めっちゃイイ!!心の中にズドーンと入ってきた。キュンキュンした」
「こんな最高な作品出会ったことねぇーよ。『精神』で泣けた。まさかAVで泣くとは思わなかった」
「全てが初めてすぎる感覚で、すごい熱量でヤバイ。 今夜、このままだと 興奮がさめず寝られない…」

などと、熱い絶賛コメントが投稿されている。いずれもアダルトビデオを観た後とは思えないようなコメントばかりなのが特徴的であり、いかに異色な作品であるかがうかがえるだろう。

制作したHMJMは、昨年劇場版も公開され大きな話題となった『テレクラキャノンボール2013』を制作したアダルトビデオメーカー。『どついたるねんライブ』の監督を務めた梁井一監督も『テレクラキャノンボール2013』の出演メンバーだ。

『どついたるねんライブ』は120分のDVDを75分に再編集した劇場版もすでに公開されており、今後全国で上映イベントが開催されるという。『テレクラキャノンボール2013』同様に、アダルトビデオファン以外にも届く作品となりそうだ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト