ネット界の“旬”なニュースをお届け!

エジプト富豪“難民島”提案が絶賛

2015.09.10 THU

噂のネット事件簿


難民のための島購入を提案したエジプトの富豪、ナギーブ・サウィーリス氏 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ヨーロッパ諸国にアフリカや中東からの難民が殺到し、問題が深刻化するなか、エジプトの大富豪がツイッターで大胆な支援策を提案し話題となっている。

難民支援に名乗りを上げたのは、エジプトの通信会社グループ「オラスコム・テレコム・メディア・アンド・テクノロジー」の会長を務める、ナギーブ・サウィーリス氏。同氏は日本時間の9月2日、ツイッターで、

「Greece or Italy sell me an island,ill call its independence and host the migrants and provide jobs for them building their new country」
(日本語訳:ギリシャかイタリアが、私に島を売ってくれたら、そこを独立させて、難民たちを受け入れ、彼らの新しい国造りのための仕事を与える)

と、提案したのだ。さらに5日には、

「thank you to all who offered to help and supported my Refugee Island idea.. May God help me realize it」
(日本語訳:私の“難民島”のアイデアに対し援助を申し出てくれたみなさん、どうもありがとう。必ず神様が実現を助けてくれるはずです)

「I found a name for the Island “ILAN”the young Syrian child thrown on turkish shore by the sea to remind us ! Now i need to find the Island!」
(日本語訳:トルコの海岸に打ち上げられたシリアの少年を忘れないためにも、その少年と同じ「アイラン」という名前を島につけようと思う。今まさにその島を探さなくてはならない!)

と連投し、難民島の実現を本気で目指しているようだ。

CNNによると、島購入の予算はいくらでもあるとコメントしたと報じられているサウィーリス氏。日本のツイッターユーザーからは、

「もし私が大富豪になったら、まねしたい」
「難民支援として現実的なのはこういう施策だと思う」
「実現すれば素晴らしいね。資産家は世界中にいても、こんな提案が出来る人は少ないでしょう」
「日本と比べてあっちの富裕層はあらゆる意味でスケールが違う。かっこいい」

などと、有り余る金の使い方としては、最高であると絶賛するコメントが多数寄せられている。ただ一方で、

「土地だけで解決できる問題でもない。国民としての権利と義務も発生するのだから。それともパレスチナ化しようというのだろうか」
「エキサイティングな提案でものすごくワクワクするんだけど、現実的には極端に治安が悪くなるんだろうな」

と、試みがうまくいくかについては懐疑的な意見も。

なかなか解決が難しい難民問題。独立国とすることなどはかなりの困難を伴うだろうが、こういった大胆な提案も必要なのかもしれない。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト