ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ラグビーW杯戦士、現在の状態は?

2015.09.17 THU

噂のネット事件簿


まずは予選突破が期待される日本代表チーム。初戦は日本時間の19日深夜 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
9月18日、ラグビー発祥の地・イングランドを舞台とするラグビーW杯が開幕する。日本は次の大会(2019年)のホスト国となるだけに、ぜひとも良い成績を残しておきたいところ。試合直前の選手たちの様子をツイッターでチェックしてみよう。

2003年のW杯でオーストラリアを準優勝に導いた名将・エディー・ジョーンズをヘッドコーチに迎え、ベスト8入りを目標に強化を続けてきた日本代表チーム。今大会では31名の選手が登録メンバーに選ばれており、その多くがツイッターで様々な情報を発信している。

178cm・115kgの巨体でスクラムを支える畠山健介(プロップ)は、基本的にリラックスモードだ。日本代表は今月1日にイギリス入りして本大会に備えているが、畠山は、ホラニ龍コリニアシ(ナンバー8)、真壁伸弥(ロック)、小野晃征(スタンドオフ)、廣瀬俊朗(スタンドオフ/ウィング)らチームメイトが現地でくつろぐ姿を画像付きでツイート。彼らの穏やかな表情からは、チーム状態の良さを垣間見ることができる。

代表チームのキャプテンを務めるリーチ・マイケル(フランカー/ナンバー8)や、突破力に期待がかかるツイ・ヘンドリック(フランカー)、“イケメン選手”として知られるクレイグ・ウィング(センター)ら外国出身の選手たちは、基本的にツイートは英語で近況を語っており、各々リラックスしつつも本番に備えテンションを上げているようだ。ちなみにマイケルに関しては、

「マイケルの食事プレートデカすぎやな 笑」(廣瀬俊朗)
「最近お気に入りの大仏ポーズ。 流行らしにいってる」(三上正貴・プロップ)

など、他の選手にネタにされることもしばしば。キャプテンがいじられ役に回るとは、チームワークも問題なさそうだ。

そして、ツイッターを見るに最も“真面目モード”なのは、日本チームの命運を握るキッカー・五郎丸歩(フルバック)だ。イギリスに旅立つ前日には、

「2015年W杯メンバーに選出されました。明日よりイングランドに向かいます。遠く長い道のりでしたが仲間と共に歴史を変えてきます。今までサポートして頂きありがとうございます」

と、ファンに向けて決意表明した五郎丸は、14日にはウェイトトレーニングやキック練習の様子を動画で公開しており、良い意味での緊張感を保てているようだ。このほか日本ラグビーフットボール協会は「#ラグビー日本代表質問」というハッシュタグを用意しており、寄せられたファンからの質問に代表選手が答える企画も実施している(17日または18日に回答される)。このようにツイッターを駆使するラグビー代表だが、選手たちの歓喜のツイートは果たして見られるか!?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト