ネット界の“旬”なニュースをお届け!

恥ずかしくない?ペアウォッチ流行

2015.09.28 MON

噂のネット事件簿


メーカー側は、若い世代のみならず、「結婚○周年」のプレゼント需要も見込んでいるそう
時事ドットコムが「ペアウオッチ復活の兆し=秋冬商戦で強化-腕時計各社」という記事を9月23日に掲載し、ペアウォッチの人気が再燃していることを紹介した。近ごろ、「ペアルックブームが再燃」などといわれることがあるが、ペアウォッチまで流行っているというのは本当だろうか?

記事では、1970年代から80年代にかけて流行した「ペアルック」について、「(その後は)『気恥ずかしい』と敬遠するムードが強かったが、最近では若い世代の抵抗感が薄まり、腕時計売り場でもペアウオッチへの問い合わせが増えている」としている。

ツイッターを見てみると、この記事へのリアクションとして「イヤ、ダメだろ!? ペアはないわ~」という声がある一方で、

「ペアウォッチしてえええええええええええ」
「ペアリングとかよりペアウォッチの方がオシャレでいいと思う」
「ペアリング→重い、ペアルック→ダサい、イメージなので、こういうのはいいんじゃないかな。個人的には腕時計は使わないので他に何があるか知りたい」

など、肯定的な声も目立つ。

また、ペアウォッチそのものに対するツイートとしても、

「どん!\^o^/今年はペアウォッチを手に入れたヨ‥!!可愛すぎるヨ‥!!!
誕生日が同じなのでお互いがお互いにプレゼントしたw\^o^/」
「おそろいのTIDwatches
ペアウォッチげっとしたよ」
「僕の誕生日にはそれのペアウォッチが渡されましたとさ。
めでたしめでたし!( ´ ▽ ` )ノ 」
「でもアニエスのペアウォッチ欲しいんです」

など、若い世代と思われるユーザーたちから、“ペアウォッチがほしい”“プレゼントした”などといったものが見られる。

若者を中心に、「ペアウォッチ」ブームは、確かに来ているといえそう。お相手がいるという人は、流行に乗ってみてもいいかも?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト