ネット界の“旬”なニュースをお届け!

保育園児の声、耐性ない大人増加?

2015.09.30 WED

噂のネット事件簿


運動会の練習も、「音がうるさい」という苦情があるという
朝日新聞デジタルで9月26日、「保育園児の声は騒音?…35%が『同感』 厚労省調査」という記事が公開され、波紋を広げている。

記事によれば、人口減少に関する意識を探る目的で3000人を対象に、「保育園児の声を騒音のように思い、保育所の立地に反対する住民の立場に同感できるか」を質問。すると「ある程度」が29.7%、「とても」が5.4%で、計35.1%が“同感できる”と回答、「全く同感できない」(26.4%)、「あまりできない」(38.5%)の“同感できない人”は64.9%だったという。

記事では、このような意識が都市部の保育所整備の障壁になることを懸念しているが、“同感できる”が35%にも上ったことについて、ツイッターには、

「自分には子供がいるから普通の声なら気にならないけど、妙にキーキーしてる子もいるのは事実で、すべての人に理解を求めるのは無理かな?と思うな」
「子供の声がうるさいというのは、子育てしてる人も実感としてあるのではないのかなあ」
「善悪の問題ではなく、物理的に、うるさいものは、うるさい」

と、「うるさい」と思う人が一定数いるのは仕方がないという意見は少なくない。ただ一方で、

「わかる、わかるよ
夜勤明けで昼寝る人とかにはたまないと思いますよ。
でもそこは大人の心で我慢しましょうよ…
誰にでもそんな子ども時代があったんだからさ…」(原文ママ)
「心の狭い人が増えてきていることを実感します。
保育園に対して理解しようとしない、寄り添おうとしない人達。
自分の生活だけが大切だと考える人達」

など、心に余裕がない大人が増えているのではないかという見方も多い。また、

「子供が少なくなると、こういうことになるのか。社会に余裕がなくなっているのか」
「少子化の進行で『うるささ』の絶対量は減っているのだが,子どもと触れる機会が少なくなっているので,耐性が下がっているのだろうな」

と、少子化の影響をからめて分析する人もいる。

実際に昔と比べて「うるさい」と感じる大人が増えているのかどうかは不明だが、ラジオ体操や運動会の音も苦情が来るという昨今。音に敏感になっている人が多いのは確かなようだ。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト