サシ飲みで、“あわよくば…”どれぐらい期待?

女性部下と飲み「下心アリ」4割

2015.10.22 THU

世論調査


コンプライアンス遵守の意識が高まった昨今。一歩間違えれば「セクハラ・パワハラ」で大変なことになるが… 写真/PIXTA
ドラマやマンガを見ていると、男性上司と女性の部下が、お酒の勢いで体の関係を持ってしまう…という展開をよく目にする。仕事の相談に乗っているうちに、情がうつってしまい「つい」というわけ。そんな展開のない僕ら若手男性会社員からすると、ズルいと言わざるを得ない!

世の上司たちは、そんな下心を持って女性部下と飲みに行っているのか…? そこで、部下がいる40~50代男性管理職200人に、アンケート調査した(協力/アイリサーチ)。

〈女性部下から「2人で飲みに行きましょう」と誘われたら、「性的な関係になるかも?」と下心を持つ?〉
・「下心を持つ」派 39.5%
・「下心を持たない」派 60.5%

女性からの誘いにもかかわらず、意外にも「下心を持たない」派が多数。本当にそんなにマジメなオジサンが多いのか…? 上司世代の激白コメントは以下の通り!

●「下心を持つ」派の意見
「相手にもよるが男なら皆そうだと思う」(40歳)
「据え膳食わぬは男の恥」(49歳)
「なかなか実現しないものです」(58歳)
「女性から誘いを受ける事はほとんどないので誘いを受ければその気になります」(54歳)
「一度だけそう思ったことがあった。今考えると、何もなくて本当によかった」(56歳)
「その夜、お持ち帰りした事もあるので」(50歳)
「酔っ払うと人は壊れます」(53歳)

●「下心を持たない」派の意見
「家庭を持っているから」(53歳)
「娘のような歳の女性から誘われてもその気にならない」(52歳)
「経営者として誰にも公平でありたいから」(57歳)
「独身ならいざ知らず、既婚者としては、やはりためらわれる、まして社風として、社内恋愛、特に不倫については、厳しく見られる事が多いので」(56歳)
「あえて一対一で行くことを避けている。恋愛は自由であるが上下関係ではかっこ悪い。特に不倫やセクハラなど手短なところで行う男は、もてないやつであると思う。私の信念やプライドからも絶対避ける」(55歳)

「下心を持たない」派は、家庭や仕事上の立場を考える冷静なコメントが目立った、一方で、「下心を持つ」派のコメントには、“過去の成功体験”を匂わすものも…。下心を持つ一部の上司世代には、かなり積極的な“オオカミ”が潜んでいる…ということのようだ。

では、女性側はどう考えているのか? 20~30代女性会社員200人にも、アンケート調査してみた。

〈男性の上司から「2人で飲みに行こう」と誘われたら、「下心があるのでは?」と抵抗を感じる?〉
・「抵抗を感じる」派 54.5%
・「特に抵抗は感じない」派 45.5%

上司の下心を察知してか、こちらは上司とのサシ飲みに抵抗を感じる女性がやや多数という結果になった。

最後に紹介したいのが、「下心を持たない」と回答した、とある上司世代のコメント。「実際に『あなたとならOKです』と言われたのですが、よいでしょうか?」(52歳)と、今まさに迷える心境にあることを吐露してくれた。

どっちとも言えませんが、トラブルにならないことを祈っています!

(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト