ネット界の“旬”なニュースをお届け!

外でのトイレ 和式派?洋式派?

2015.10.23 FRI

噂のネット事件簿


子供が小学校にあがる前に和式トイレのトレーニングをする親も多いという
最近では公共機関のトイレでも洋式トイレが増え、また“座りション”をする男性も多くなっているというが、小学校では、和式トイレに戸惑う子たちも多いそうだ。

産経新聞ニュースは10月21日、「小学校のトイレはなぜいまだに和式なのか? 戸惑い、我慢しちゃう子も…」というタイトルで、小学校は予算がないなどの理由から、昔ながらの和式トイレのままというケースも多い一方で、和式トイレに苦手意識をもつ子どもがいることを紹介。小林製薬の調査によれば、和式トイレが多い小学校のほうが「うんちをすることに抵抗を感じる」と答えた子どもの割合が高かった。また「うんちを我慢してトイレに行かなかった経験がある」割合も、洋式トイレが多い小学校は35%だったが、和式トイレが多い小学校では57%に上り、和式トイレのほうがうんちを我慢してしまう傾向が明らかになっているという。

記事では学校トイレの洋式化、子どもたちへの和式トイレトレーニングという課題を指摘しており、ツイッターにも

「全て洋式にしてほしい」
「駅とかサービスエリアも和式多いよね。結構新しい施設でも和式が多いところがあって何の理由があって洋式にしないのか本当に疑問符」

など、トイレはすべて洋式化してほしいという声もあったが、反対に

「いまだに和式のトイレも数多くあります。時代の変化で洋式トイレが多くなりましたがトレーニングだと思ってやらせるようにするのも大事かと思う」

という意見も投稿されている。

小学校の和式トイレが問題視されるなか、(外でのトイレは)和式派も存在する。彼らの主張は、大きくわけて2種類。1つ目は

「自宅以外で、誰が座ったか分からない洋式に、そのまま座るなんて、身の毛がよだつ!
私はアルコール消毒液持参で、拭いてから座る。
和式のが安全」
「利用者の多い施設で使われるトイレは和式のほうが体と便器の接着しなくていいなと思ってたけど…残念だ」
「和式トイレ、アジアでは当たり前。座ってやるのはいいけど、衛生的に不安。子どもには和式がいい」

など、便座にお尻をつけることになる洋式トイレについて衛生面を心配する声。2つ目は、

「和式トイレだと足腰が鍛えられて健康に良いとも言うよ」
「昔は和式トイレが多かったから足腰が強い人が多かったけど今は洋式トイレが登場して足腰が弱い人が多い…のかもしれない」

と、和式トイレの健康面でのメリットを挙げる声だ。さて、あなたは和式派? 洋式派?
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト