ネット界の“旬”なニュースをお届け!

一億総活躍議員、なぜ菊池桃子が?

2015.10.26 MON

噂のネット事件簿


意気込みをブログで語った菊池桃子 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「一億総活躍国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子(47歳)が起用されることが発表され、ネット上で話題となっている。

「一億総活躍国民会議」は、内閣が掲げた「一億総活躍社会」に向けたプランの策定に向け、具体的な審議を行うために設置されたもの。内閣総理大臣・安倍晋三が議長、一億総活躍担当大臣・加藤勝信が議長代理を務め、構成員は菅 義偉内閣官房長官ら11人の議員と有識者15人。有識者には、民間から日本経済団体連合会会長・榊原定征氏やジャーナリストで相模女子大学客員教授の白河桃子氏などが起用されたが、ひときわ目立ったのが菊池の名前だった。

菊池はタレント業のかたわら、2009年から法政大学大学院に進学し、政策創造研究科で地域雇用政策、キャリア形成支援政策がテーマの研究室に所属。2012年3月に修士課程を修了すると、同年8月には母校である戸板女子短大の客員教授に就任し、キャリア教育などについて講義を行っている。

この経歴をみると、任用された意味は理解できるものの、華々しいアイドル活動もしてきた菊池はタレントとしてのイメージが強い。Twitterには、

「本人が悪いわけではないが、政府はまじめにやる気があるのか」
「政策ではなく、衆目を集めることが目的のイベント」

など、国民の注目を集めるための起用では…という声や、

「芸能人を呼び出したら終わりの始まり。がっかり」
「菊池桃子さんは好きだよ。うん。でも、どうして芸能人を使って一億総活躍を盛り上げようとするか?というか、ワイドショー的に取り上げられるように演出しようとするか?というと、つまりは中身ないんだな、という推測が成り立っちゃうわけです。いや、菊池桃子さんは好きな芸能人の一人だけに」

と、菊池の起用により、会議の中身に不安を覚える、とする見方も多数。

菊池はブログで、

「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換を
していきたいと思っています。
芸能活動同様、応援くださいますようお願い申し上げます」

と挨拶を述べているが、これについても、

「いつもとは違う堅い文体になったなぁ。桃子さんは、いつものように真面目にしっかり対応されるのは疑いないですが、存在や、知名度だけが為政者に利用されてしまうことが心配です」

と、“広告塔”として使われることを心配するコメントも寄せられている。

いずれにせよ、肝心なのは会議の内容。何が話し合われるのか、今後の動向を注視したい。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト