ネット界の“旬”なニュースをお届け!

加工肉のがんリスク ネット民無視

2015.10.30 FRI

噂のネット事件簿


加工肉の発がん性を認める研究リポートを発表したWHOの専門組織IARC。赤身肉とすい臓がん、前立腺がんとの関係も指摘している ※この画像はサイトのスクリーンショットです
世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)が10月26日、ソーセージやベーコンといった加工肉が大腸がんのリスクを高める可能性があると発表し、話題となっている。

IARCは、発がん性を持つ十分な根拠がある「グループ1」に加工肉を分類。これはアスベストやたばこを同じカテゴリーだが、それらと同等の強さの発がん性があるということではない。あくまでも、「発がん性が認められるだけの証拠がある」という意味であり、IARCの声明によると個人における加工肉消費での発がんリスクは低いとのこと。つまり、加工肉は“発がん性はあるが、決して高いわけではない”食材だといえそうだ。

とはいえ、ソーセージやベーコンなどの加工肉は、日常的に口にする頻度が高い食材だ。消費者にとっては心配な発表であり、ツイッターでは、

「ソーセージやベーコンに発がん性があるって。
なくなったら生きてけないww」
「はぁ。ソーセージが発がん性。凹む。
毎日食べてるし、お弁当に入ってないと凹むし。。。」

などと、ショックを受けるネットユーザーも多かった。

しかし、発がん性はあるものの、決してリスクが高いわけではないということで、

「こまけぇこたぁいいんだよ 」
「あれもだめこれもだめってうるせえよ!毎日食ってるわけじゃないし、これからも食うよ!」
「食べ過ぎを憎んで肉を憎まずwwww ソーセージを一日あたり50g食べ続けたら大腸がんのリスクが18%増加するとか。んな微妙な数字、気にしてたら何も食えんwww」
「ベーコン・ソーセージに発がん性指摘されてたけど、それを聞いても俺はシャウエッセン断ちを出来ないだろう」

と、あまり気にすることなく、今後もどんどん加工肉を食べたいという意見も多い。直ちに健康に影響が出るほどの危険性でもないということもあり、そこまで深刻にとらえられていないようだ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト