ネット界の“旬”なニュースをお届け!

アイドルの聖地「オタク行為」禁止

2015.10.30 FRI

噂のネット事件簿


アイドルの聖地とも呼ばれる池袋サンシャインシティの噴水広場。アイドル以外のイベントも多く開かれる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
アイドルが無料のライブイベントを頻繁に開催することで有名な東京・池袋のサンシャインシティ噴水広場。“アイドルの聖地”などと呼ばれることもあるが、一部のイベントで応援行為が禁止され、話題となっている。

噴水広場は、サンシャインシティの専門店街アルパの地下1階にあるイベントスペース。吹き抜けになっており、各フロアーからイベントを観覧できるのが大きな特徴だ。専門店街のオープンスペースにあるので、一般の買い物客がたまたまイベントを観覧することも多い。

だが、10月12日に噴水広場で開催された「新星堂 iPop Monthly Festival Vol.46」(複数の女性アイドルが出演する定期イベント)で、ファンによる応援行為が禁止されるという出来事が発生。あるツイッターユーザーが、そのときの様子をこうつぶやいている。

「池袋サンシャイン噴水広場で運営からアナウンス。『先月のイベントでトラブルが発生したため、無料観覧エリアでのMIX、コール、ジャンプを禁止。今後イベントを続けるために規則を設けた』と」

このツイートは、1000件以上リツイートされ、アイドルファンの間に瞬く間に広がった。

実際、サンシャインシティ公式サイトにある、次回のイベント「新星堂 iPop Monthly Festival vol.47」の告知ページを見てみると、

「優先観覧エリア以外の観覧スペースでの応援行為(mix、コール、ジャンプ含む全てのオタク行為と呼ばれる行為またそれに準ずる行為)は禁止となりました」

と注意書きがされている。ちなみに「MIX」とは、楽曲のイントロなどで「タイガー!ファイヤー!」のように叫ぶ行為のこと、「コール」とは曲の合間に入る掛け声のことだ。

アイドルファンはショックを受けている…かと思いきや、ツイッターでは、

「噴水広場規制かかったのか。まぁ時間の問題みたいなとこあったし今までよく大丈夫だったのかが不思議」
「サンシャイン噴水広場でコールとか禁止になったって流れて来たけど、本当に良い事だと思う。 オープンスペースでのイベントは特定のファンに楽しんでもらうより、知らない人に知ってもらうと言う事の方が大切だと思う」

と冷静な反応が多い。噴水広場のイベントに足繁く通っているというアイドルファンの30代男性Aさんに話を聞くと、

「最近は、過度な応援が禁止される会場が増えています。ファンの間でも、そういった“応援禁止”を受け入れようという風潮はありますね。噴水広場の近隣のお店にしてみたら、ファンのコールやMIXはやはりうるさいと思うので、仕方ないです」

とのこと。

噴水広場は、12月26日から来年4月いっぱいまで改装工事のため閉鎖される。リニューアル後も、アイドルの聖地として愛され続けてほしいものだ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト