ネット界の“旬”なニュースをお届け!

フジ迷走し過ぎで視聴者離れ加速?

2015.11.01 SUN

噂のネット事件簿


迷走っぷりばかりが話題になるフジテレビ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
フジテレビが来春から大幅な番組改編をすることが、話題となっている。

東スポWebが報じたのは、水曜22時~の現ドラマ枠を来年4月からバラエティ番組に変更するらしいということ。理由は、同時間帯の視聴率で日本テレビに8連敗しそうな状況や、制作費カットなどとしている。その他報道によれば、52年の長寿枠だった「昼ドラ」、前身番組から31年間続いた『ごきげんよう』も来春で終了する。

視聴率低迷にあえぐフジテレビは、番組改編をすることで、なんとかして注目を集めようと必死だ。前述以外にも今年の大みそかは10年ぶりに格闘技を放送すると発表したり、27時間テレビも見直しに言及するなど、大ナタをふるい続けている。「このままではいけない」という危機感はうかがえるが、ネット上を見ると好意的な意見は薄く、「もういいよ」という、半ば呆れたような反応を生み出してしまっている。

ツイッターには、

「フジテレビの春改編がめちゃくちゃ」
「今のフジテレビ、バラエティこそ苦手なのでは?」
「またこうして長寿番組が終わる。大丈夫なのかなフジテレビ。。」
「…フジテレビの冬の時代? 改革のチャンスはあったのにろくな手を打てずに低迷している企業という印象だ」

と、フジテレビが迷走していると指摘する厳しい声が多数投稿されているほか、

「フジテレビ、ノイタミナ(※フジテレビの深夜アニメ枠)だけやってればいいと←」
「ダメなら切ればいいってもんじゃない。ダメなら育てろ。つーか浮いた制作費アニメに廻して」

など、“もうアニメ番組メインでいい”という意見も。

低視聴率、そして改編すれば“改悪”が話題になっているフジテレビ。ますます視聴者のフジテレビ離れがすすまないといいが…。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト