ネット界の“旬”なニュースをお届け!

必見!岡山高校生の超ゴール2発

2015.11.10 TUE

噂のネット事件簿


12月30日に開会式と開幕戦が行われ、決勝は2016年の1月11日。寒さを吹き飛ばす熱戦を期待! ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現在全国各地で、正月に開催される全国高校サッカー選手権の予選が行われているが、岡山県大会の決勝で、スーパーゴールが2本立て続けに登場。日本のみならず世界中から絶賛の声が寄せられている。

スーパーゴールが飛び出したのは、10月31日に行われた岡山県大会決勝の作陽対玉野光南戦。試合は前半に作陽が先制点を奪い、玉野光南がそれを追う形で進む。1本目のスーパーゴールは後半ロスタイムに生まれた。

玉野光南が投じたロングスローを作陽がクリアすると、左サイド・センターライン付近でクリアボールを獲得した玉野光南の選手は、ダイレクトでゴール前にセンタリング。すると、後ろから来る難しいボールをFWの選手が倒れこみながら合わせ、ジャンピングボレーシュート! ゴール左隅に突き刺さった。

そして延長にもつれ込んだこの試合。2点目は延長後半ロスタイムに生まれた。玉野光南が、キーパーからのゴールキックを2人の選手のヘディングでつなぐと、FWの選手はこれを胸でトラップし、大きくボレーシュート。浮かんだボールはDFとキーパーを超え、ゴールへと吸い込まれた。

この2本目のゴールシーンはYouTubeに投稿され、コメント欄には、

「Sugoi」
「SEKAI ICHI!!!」
「Holy shit, that was beautiful! 〈なんてこった、これは美しい!〉」
「puskas award to this fella 〈この選手にプスカシュ賞(FIFA認定のベストゴール賞)を〉」
「Arsene Wegener immediately sign him later 〈アーセン・ベンゲル(監督)はすぐに彼と契約するべき〉」
「Tsubasa is that you? 〈(キャプテン)翼はお前か?〉」

など、世界中から絶賛コメントが殺到。動画の再生回数はすでに200万回を超えている。これまでも数々のスターを生んできた“冬の選手権”だが、今大会は玉野光南が台風の目となりそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト