ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「URL」読み方は「うらる」?

2015.11.11 WED

噂のネット事件簿


読み方が話題になった「URL」。ちなみに「ウラル山脈」はロシアからカザフスタンに連なる大山脈の名称
11月9日朝放送のJ-WAVE『TOKYO MORNING RADIO』の投稿コーナー「思わず赤面?! 勘違いあるある」で、「URL」を「うらる」と読んでいる人がいたことが報告された。パーソナリティの別所哲也は、「(そう)読んでみたくなる気持ちもわかる」としつつ、番組の女性スタッフの「若い子は読む」という弁も紹介した。

これに対しネットでは、「普通に『うらる』と読む」という人、「何だそれ」という人、両者の意見で盛り上がった。

「URL」という言葉は「Uniform Resource Locator」の略で、読みはそのまま“ユーアールエル”なのだが、ネット初期から、読みはわかりつつもネタ的な意味合いを込めて、なんとなく「うらる」と読まれるようになったとされる。「YouTube」を「ようつべ」、「アップする」を「うpする」と表現するのに近い感覚といえるだろう。

ツイッターを見ても

「うたってみたんです うらる(中略)を投稿しました」
「プロフにうらる貼った」
「歌ってみた うらる」
「うらる→」

など頻繁に登場しており、一部には定着している様子だ。

一方で、

「URLをウラルって…」
「URLをウラルと読んでる人いたけど違うだろ」
「URLってなんて読む?俺はユーアールエルなんだが、ウラルと読む人がいて衝撃を受けた!」
「URLって読みって『ウラル』なの?
友達がずっとウラルウラル言ってるんだけど…
俺ウラルってウラル山脈しかしらねえよ…」

など、「うらる」を耳にして驚いたという声も。

そのほかYahoo! 知恵袋には

「URLって何て読んでますか?
『うらる』?『ゆある』?普通に『ゆーあーるえる』ですか?人に口頭で聞けません」

など、読み方についての質問も多い。

あなたは何と読んでいる?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト