ネット界の“旬”なニュースをお届け!

プレミア12延長に視聴者ブーイング

2015.11.17 TUE

噂のネット事件簿


無敗で準決勝まで進出した侍ジャパン。準決勝の韓国戦は19日に開催される ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月8日に開幕した世界野球WBSCプレミア12で、初戦から6試合負けなしで準決勝まで進出した侍ジャパン。快進撃に野球ファンが盛り上がる一方で、試合中継が長すぎると苦情を漏らすネットユーザーも少なくない。

日本戦は全試合が地上波で生中継されているが、いずれも熱戦続きで中継が延長。特に8日の韓国戦の中継(テレビ朝日系)は2時間5分延長し、夜9時から放送予定だった映画『プレデターズ』が、夜11時5分から放送されるという事態となった。

そして、15日のベネズエラ戦はTBS系での生中継だったが、次の番組が人気ドラマ『下町ロケット』だったということで試合中ツイッターには、

「下町ロケットずっと楽しみにしてたのに野球が大延長。あーーー明日も弁当作りで4時半前起きなのに」
「野球中継延長のせいで、下町ロケットの録画が失敗している。迷惑だ」
「野球延長のせいで下町ロケット断念」

と、中継の延長に対するブーイングが多数投稿されていたのだ。

結局予定より65分遅れとなる夜10時35分からの放送となったこの日の『下町ロケット』だったが、平均視聴率は20.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で初の20%超えを記録。これには、

「今回は野球延長のせいで視聴率下がると勝手に予想していただけに大台の20%超えとは素晴らしすぎる」
「昨夜の下町ロケット、視聴率20%超えたんだ。野球中継延長で下がるかと思ってたら逆だった。凄いね」

と、ネットユーザーも驚きの様子だった。

ちなみに、ベネズエラ戦の中継も平均20.0%と高視聴率で、ツイッターでは

「恐らく下町ロケット待ちが野球押し上げに貢献したんだろうな」
「下町ロケット延長したのに関わらず視聴率上がるとかすごいな 野球の流れで見る人がいたんだろうな」

などの意見も。サヨナラ勝ちとなったベネズエラ戦。そして、それに続くように「ロケット編」の完結で前半のクライマックスとなった『下町ロケット』。双方の盛り上がりが相乗効果となり、高視聴率につながったのかもしれない。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト