ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「マエケンMLB行け」鯉党の男気

2015.11.26 THU

噂のネット事件簿


通算97勝の前田。来季はメジャーで同じ“ハンカチ世代”の田中将大との投げ合いが見られるか? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
去就に注目が集まっていた広島カープの“マエケン”こと前田健太投手が、球団に対して大リーグ挑戦の意向を表明。実現すればカープにとってエースの離脱となるわけだが、ネットを見る限り、カープファンはこれを容認する方向のようだ。

1988年生まれの前田は、PL学園高校からドラフト1位で広島に入団すると、入団4年目の2010年に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、沢村賞などのタイトルを獲得。その後も安定して2ケタ勝利を上げ続け、今シーズンも15勝8敗の成績で最多勝と沢村賞を受賞した日本を代表する右ピッチャーだ。

そんな前田は、2013年のオフに大リーグ挑戦の希望を球団に伝えており、昨年のオフにもメジャー挑戦が囁かれていた。MLBのオフィシャルサイトには、移籍市場の注目選手として前田の名前が挙がり、「5年で1億ドル」との具体的な数字も登場したが、前田は昨オフでのメジャー挑戦は断念。しかし、やはりメジャーへの意志は強かったか、今年11月24日に行われた球団との話し合いで、来季のメジャー挑戦の意向を伝えたという。

前田の移籍がカープにとって大きな痛手なのは言うまでもない。今シーズンのカープの成績は69勝71敗3分で、前田が抜ければ単純に勝ち星の約2割が消える計算。ローテーションを1年守れる大黒柱が消える影響は計り知れない。また、人気・集客の面でも、前田はチーム随一の力を持った選手だ。

しかし、前田のメジャー挑戦に対する反応をツイッターで見ると、

「マエケン居なくなったら来年も棘の道だろ」
「マエケン黒田抜けたら、暗黒時代再来」

と、来季のカープを案ずる声はあるものの、

「気持ちよく送り出したれや」
「マエケン、十分カープに貢献してくれたし、納得できるよう送り出したいとこやね。マエケンおらんやったら優勝はないやろけど、しゃーない」
「マエケン、おめでとう。 メジャー行っても応援するけぇの」
「マエケンがメジャーに行く事になってしまい寂しい気持ちになるけれど、いい結果を残してくれるように来年応援したいと思います」

など、多くのカープファンが前田のメジャー移籍を支持している。

今シーズンは黒田博樹がMLBからの高年俸を蹴って広島入りし、これが“男気”という言葉で語られたが、今度はカープファンが男気を見せ、前田の挑戦を後押ししているといえそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト