ネット界の“旬”なニュースをお届け!

羽生「神なのか」ネットも称賛続々

2015.11.30 MON

噂のネット事件簿


NHK杯での羽生結弦選手の演技。「自室にテレビがない」という人からのツイートも多かった印象だ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
11月27~29日に開催された2015NHK杯国際フィギュアスケートの男子シングルで、ショートプログラム、フリーともに世界最高得点を叩き出し、前人未到の合計322.40点で見事優勝した羽生結弦。史上初の300点超えの名演技に、ネットユーザーたちも大興奮の様子だった。

28日のフリーでは、すべてのジャンプを成功させた羽生。まさに完璧そのものといえる演技に、ツイッターでは、

「まあ、羽生さん完璧通り越して軌跡から花が咲いて氷が花吹雪くらいにはなってたけどな」
「なんだ羽生結弦って神なのか」
「羽生くん素晴らしかった!!! 鳥肌たちっぱなし」

と、圧倒されたという投稿が続出した。

今回のNHK杯では、“テレビ放送のインターネット同時配信の検証実験”として、NHKの公式サイトで、生中継番組の同時配信が行われた。さらに、演技の模様はアーカイブ動画としてすべて公開されている。今回の名演をNHKのWebサイトで見ている人も多かったようで、

「羽生くんのぜんぶ見たー、うちテレビないからアーカイブあるの嬉しい」
「フィギュアの男子シングル、ここで全部観れるのね。画像は荒いけど解説付いててわかりやすい。それにしても羽生選手すごい」
「夕刻、羽生選手の演技終わりにちょうどTVつけちゃったので見直し。…鳥肌ものだわ」
「こうやってじっくり再視聴できるのは有難いこと」

などと、歴史的名演がネット上でいつでも手軽に見られることに対する喜びのツイートが多数投稿されている。

ちなみに、動画のネット同時配信についても、

「今回はNHKのネット同時配信のおかげで、男子SPも出先からライブで観れたのが有り難かった…男子シングルの結果出て尚更」
「自室にテレビがないのでNHKのネット同時配信はありがたい」

などと、おおむね好評の様子。

羽生選手の歴史的快挙という注目すべきコンテンツだったことも大きく影響しているだろうが、NHKのネット配信の試みも上々の滑り出しとなったようだ。
(奈波くるみ)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト