ネット界の“旬”なニュースをお届け!

J差別ツイート レッズ責任ある?

2015.12.02 WED

噂のネット事件簿


2年連続で渦中のクラブとなった浦和。差別を根絶できるのか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
ガンバ大阪のFW・パトリックに対し、浦和レッズファンを名乗る人物がツイッターで差別発言を行った件で、Jリーグは11月30日、チームへの処分を行わない方針を明らかにした。浦和レッズといえば昨年、サポーターが「JAPANESE ONLY」という横断幕を掲げた問題で、無観客試合という制裁を受けているが、今回の処分はネットでどう捉えられているのだろうか?

問題のツイートは、11月28日に行われたチャンピオンシップ準決勝・浦和レッズ対ガンバ大阪戦の試合後に投稿された。試合は、シーズン3位のガンバ大阪が後半にレッズを突き放して3対1で勝利。すると試合後、ダメ押しとなる3点目を挙げたパトリックのツイッターアカウントに対し、人種差別的な書き込みが投稿された。11月30日になって未成年の投稿者が、自らが通う高校に名乗り出て、学校を通じJリーグとクラブに謝罪、Jリーグは「スタジアム外で起きた事象」として浦和への処分は下さず、また浦和も「未成年ということもあり、(処分は)考えていない」と、本人への処分を行わない方針を明らかにした。

“犯人”が名乗り出たこと、さらにそれが高校生だったことで、ツイッターには、

「パトリックへの人種差別ツイート 絶対にやってはいけない行為だと やった高校生にはわかってほしい」
「負けた悔しさで差別ツイートとか最低だろ 今ごろ反省したっておせーよ」
「高校生になって、やって悪いことの区別もつかないなんて」
「未成年だから? 甘い。甘過ぎる。こんなんだったらまた別の誰かが犯すぞ」
「甘いな。影響を考えれば何らかの処罰は必要だろ」

と、高校生を非難する声が上がっているが、一方で、

「差別ツイートの件、当事者が名乗り出て謝罪して受け入れられたわけだから、この案件については一応解決ということでいいと思う」
「軽はずみな気持ちでやっちゃったんだろうな もう思い知ったことでしょう」
「彼はこれでより正しい情報発信の在り方を学ぶ機会となったことだろう」

など、「これでおしまいにすべき」という意見も少なくない。

ただ、前述のように、以前も騒動を起こした浦和レッズの問題ということで、

「また浦和レッズかよー」
「また浦和レッズのファンかと」
「浦和レッズが差別を本当に無くしたいならJ3くらいに落ちないとダメな気がする」

など、クラブの責任を問う声も浮上。浦和に対しては、「まぁこれはクラブも管理できないからなぁ」と、同情の声もあがったが、「3度目」はないようにしてほしいものだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト