ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Xmasイルミ、通信速度を遅くする?

2015.12.04 FRI

噂のネット事件簿


クリスマスのイルミネーションが無線LANのジャマに?
イギリスの情報通信庁・Ofcomが、“クリスマスのイルミネーションが無線LANの通信速度を遅くしている可能性がある”という調査結果を発表した。

Ofcomの調査によれば、国内約600万世帯で、無線LANを“本来の速さ”で使うことができていないことが明らかになったとのこと。その原因の多くはセットアップのミスのほか、「電子機器の電波干渉」だという。

Ofcomは、無線LANと同じ周波数を使い、電波干渉を引き起こす可能性のあるものとして、電子レンジやベビーモニター、クリスマスの飾り付けに使うイルミネーションなどを列挙。また調査結果とは別に、通信速度は壁や家具の配置にも関係するほか、ルーターを置く場所は床ではなく、テーブルや棚の上の方がよいともアドバイスする記事も公開している。

クリスマスのイルミネーションが無線LANの障害に…という指摘に、Twitterには、

「クリスマスの飾りにはこんな落とし穴があるとは!びっくりなのだ!」
「まさかのクリスマスの電飾!あ、そういやコンビニで妙に掴みづらいところあったけどこれか。。。」

など、驚く声が投稿された。またネット上には、一人寂しくクリスマスを過ごすネットユーザーがクリスマスを“敵”と称したり、“クリスマス中止”を唱えたりする慣習があるが、今年はこの指摘をひも付けて、

「WIFIもまたクリスマスと死闘を繰り広げる同士だったのか・・・」(原文ママ)
「害悪じゃねーか。クリスマス中止な」
「クリスマスイルミネーションは今すぐ中止だ」
「それは大変だ!今年もクリスマスは中止にしなきゃ(使命感)」

といったコメントが続出。ただ、なかには、

「クリスマスは家族と楽しく過しましょう。PCなんか向かわすにね。ということ?笑」(原文ママ)

という鋭い読みをする人も。

クリスマスのイルミネーションがどれだけ無線LANの速度低下をもたらすかは不明だが、一部のネットユーザーにとっては、“クリスマス中止”を訴える大義名分を得た形になったようだ。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト