ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ミシュランラーメン店の行列深刻

2015.12.04 FRI

噂のネット事件簿


話題になればなるほど食べてみたくなる ※この画像はサイトのスクリーンショットです
レストランの格付けを星の数で表すグルメガイド『ミシュランガイド東京2016』(12月4日発売)で、豊島区の「Japanese Soba Noodles 蔦」がラーメン店として世界初の「一つ星」を獲得したことが、ネット上でも大きな話題になっている。

2012年に開店した同店は「食べログベストラーメン」に選ばれるなどファンは多く、行列が絶えないことで有名だ。メディアにも頻繁にとりあげられ、「ラーメンWalker 東京23区」で2015・2016年のグランプリを連覇。東京、神奈川、千葉、埼玉エリアで最もおいしいラーメンを紹介する「TRYラーメン大賞 2015-2016」でTRY大賞第2位を受賞するなど、その美味しさは誰もが認めるところとなっている。

Twitterには、

「確かに『蔦』はまじでうまい」
「ええええええ蔦がミシュラン一つ星!!おめでとー」
「みんなわかってたのさ、オープン前から。それでも本当に、おめでとう」

など、祝福の声が多数投稿され、

「ミシュラン1つ星の快挙!
『蔦』の大西さん、おめでとうございます!!
そしてビブグルマンに掲載されたお店もおめでとうございます!!
“ラーメン”を世界の料理に押し上げてくださった皆様に感謝・感謝です。
『麺やまらぁ』も『人形町にやまらぁアリ!』と言われるように頑張ります!」

と、同業店から“ラーメン界が盛り上がる”ことに感謝するコメントもあった。

しかし、この快挙に称賛の声がある一方で、さらに行列が長くなるのを心配する声も…。実際Twitterには、ミシュラン発表後の初営業日となった3日、雨が降るなか開店前にずらりと並ぶ人の姿が報告されている。

「蔦」は公式ブログで、近隣から再三注意を受けていることを明かしており、11月28日には

「言われる度に工夫してきましたがキリがありません。
多分もう蔦はこの場所での営業は厳しくなりそうです。
最近色々なことが重なって心身共に疲れがきてます」

とコメント。蔦の公式Facebookでは、都内に限らず物件を探していることも報告している。嬉しい悲鳴の反面…といったところだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト