ネット界の“旬”なニュースをお届け!

堀江サロン「堀江大学」に名称変更

2015.12.08 TUE

噂のネット事件簿


堀江貴文氏の手がける「イノベーション大学」 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
2014年8月からスタートした会員制コミュニティ「堀江貴文サロン」が、12月から「堀江貴文イノベーション大学」へと名称を変更した。

「堀江貴文サロン」とは、起業家や投資家、ビジネスマン、技術者らが集い、情報交換や交流を行う、堀江氏主催の有料コミュニティだ。オンライン・オフライン双方で活動し、会費は月1万800円。オンラインではメンバー限定の非公開Facebookグループ内での活動がメインで、オフラインでは毎月2回の定例イベントや不定期での交流会、勉強会などを開催している。この一般会員プランとは別に、法人を対象にした月額50万円の法人会員プラン(社員10人まで登録可能)もある。

11月の定例イベントでは映画評論家・有村昆氏と映画監督・紀里谷和明氏、ネットイベントではNewspicks編集長の佐々木紀彦氏などが登壇。このように、著名なゲストが呼ばれることでも人気の同サロンだが、このたび12月から「堀江貴文イノベーション大学」と名称を変更したうえで、これまでの内容に加え、“特任教授”として10名の各界著名人をゲストに迎えるなど新しい取り組みも行うという。

ツイッターには、これまでも、

「堀江さんの話は色々と刺激になるし、学びにもなる。一度生で講演を聞いてみたい」
「堀江貴文サロンに入会したい。
月1万って思ったよりリーズナブルwww」

など、注目する人から“気になる”という声があがっていたが、公式サイトによれば、「首都圏、地方問わずひと月のイベント&勉強会の数が急激に増えている」とのこと。サロン全体がメンバー自身の手によって更に活性化しているという。ちなみに、名称変更後も、

「面白そう↑↑」
「今年もまだまだ突っ走るべく、遂にこちらのサロンへ入会」

という意見が寄せられており、11月末から始まった新規メンバー募集(50人限定)は、6日時点ですでに終了している。このところTV番組にもしばしば出演している堀江氏。まだまだ求心力は衰えそうにない。
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト