ネット界の“旬”なニュースをお届け!

おっぱい募金 感激の一方で批判も

2015.12.08 TUE

噂のネット事件簿


時間帯により最大で7人のおっぱいが揉めた模様 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月5日と6日の両日、募金をするとおっぱいが揉める「おっぱい募金」というイベントが開催され、多くの人が募金に参加。これについて賛否の声が寄せられている。

このイベントは、「BSスカパー!」のテレビ番組『24時間テレビ エロは地球を救う!』が、毎年行っているチャリティイベント。エイズの啓発を行う同番組は、番組趣旨である「STOP!AIDS」に賛同する人への募金を呼びかけており、募金をすると女性のおっぱいを揉むことができる「おっぱい募金」を実施した。

年齢確認をしたうえで(18歳以上が参加可能。高校生は不可)、募金箱にお金を入れ、手を消毒した後におっぱいを揉むというこの「おっぱい募金」。ツイッターでも、「おっぱい募金」という単語を含むツイートが、12月6日だけで2万件を超えるなど、大きな関心を集めたこのイベントだが、その評価は割れているようだ。すなわち、

「おっぱい募金やべーな!最高じゃん!」
「おっぱい募金で世界平和も夢じゃないな」
「誰がなんと言おうとおっぱい募金は素晴らしい」
「winwinでみんなが幸せになれるな、おっぱい募金」

など、コメントの大半はおっぱいが揉めることを無邪気に喜ぶものだが、一方では、

「おっぱい募金もはじめて知ったけど恐怖しかない 触られることを合意していてもこれは募金では無くておっぱいを消費する目的の方が大きいのだろうし悲しくなる」
「なにこれ? 最悪やろ募金はこんなこと目的にするべきじゃない 触りたいから募金するとかふざけんな」
「こういう『おっぱい募金』みたいなのをユーモラスで役に立つ慈善事業って認識の男腐る程いるんだろうな」

と、嫌悪感を露わにする声も寄せられている。

このように賛否の声があがった同イベントだが、結局、今回の参加者は7000人を超え、寄付金は600万円に達した。確かに「おっぱい募金」は反感を買う要素はあるものの、多くの人の関心を引いたのは紛れも無い事実。ちなみに募金は全額、「STOP!AIDS」を啓蒙する団体に寄付されるそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト