ネット界の“旬”なニュースをお届け!

2チーム降格「逆レジェンド」誕生

2015.12.09 WED

噂のネット事件簿


来季はJ2で戦う清水エスパルス。1年でJ1に返り咲きできるか ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月6日、J1昇格プレーオフおよびJ2・J3入れ替え戦が行われ、来季のJ1、J2、J3の陣容が決定。この結果により、Jリーグ史上初となる不名誉な記録が生まれてしまい、サッカーファンの間で話題となっている。

今シーズンのJ1は、サンフレッチェ広島が2年ぶりの年間優勝を飾る一方、Jリーグに初年度から参加している名門・清水エスパルスが17位に終わり、来季は初めてJ2に降格。また、6日に行われたJ2・J3入れ替え戦では、大分トリニータが町田ゼルビアに敗れ、大分はJ1を経験したチームとしては初となるJ3降格が決まった。

屈辱のシーズンとなった清水と大分だが、この両チームで今季監督を務めたのが、元・日本代表で、平塚ベルマーレ(当時)などで活躍した田坂和昭氏だ。田坂氏は2011年から大分の監督を務め、2013年にはチームをJ2からJ1に引き上げたが、今年6月に成績不振により監督を解任。その後8月には、不振が続く清水エスパルスの監督に就任したが、チームを立て直すことができず、11月に監督を辞任した。

両チームとも最終的に降格はしたものの、2015年内に田坂氏がチームを率いたのはともに3カ月程度だ。そのため、ツイッターには、

「経歴に傷が付くことをいとわず、誰も受け手が無いチームの監督を2チーム連続で引き受けた田坂の男気を評価する、という見方も出来る」
「トリニータは言い訳の余地無いけど、エスパルスはさすがに田坂監督関係ないわ」
「田坂監督が清水を降格させたというなら大分を降格させたのは柳田監督ということになるんじゃないですか?」

など、田坂氏に対する同情の声もないわけではない。

しかし形はどうであれ、1シーズンに2チームで監督を務め、その両チームが降格したのはJリーグ史上初めてだ。それゆえ6日に大分の降格が決まると、ツイッターには、

「大分J3降格まじか… 1年に2チーム落としてしまった田坂…」
「1シーズンでJ3降格とJ2降格の2チームを率いたのね・・・」
「田坂さんは今季、指揮した大分と清水を降格させたからJリーグの歴史に残る人物になったな」
「田坂はダブル降格か」
「田坂監督が今シーズン指揮したチーム両方とも降格とか…」
「田坂とかいう逆レジェンドwww」

など、厳しい声が続々と登場。田坂氏の名前は、不名誉な形でサッカーファンの脳裏に刻まれることになってしまったようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト