ネット界の“旬”なニュースをお届け!

吉野家実験にネット厳しいダメ出し

2015.12.14 MON

噂のネット事件簿


野菜メニューを増やすなど、“健康”推しの吉野家 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
吉野家ホールディングスが12月9日、吉野家の「冷凍牛丼の具」を 3カ月間、毎日食べ続けた時の身体への影響を調べた実験結果を発表し、話題となっている。

実験は、20~64歳の成人男女24 人が対象。吉野家の「冷凍牛丼の具」を、通常の食事にプラスして毎日1 食、12 週間食べてもらい、開始前と開始後で、身体の状態を計測するというものだ。結果は、メタボリックシンドロームにつながる体重や体脂肪率、血圧、中性脂肪、コレステロール類、血糖値などに有意な変動はみられず、同社は「なんら健康リスクが増加する兆しは見られなかった」とまとめている。

ただしこれらの分析結果は、あくまでも吉野家の「冷凍牛丼の具」に限った話。例えばタレに含まれる栄養成分や製法が異なれば結果も異なる可能性があるため、同社は「すべての牛丼の具に当てはまる話ではありません」と説明している。

吉野家の牛丼=不健康というイメージの払拭のためにスタートした企画だったが、実験は「具だけ」を「1日1回、追加」する方法。1日3食牛丼だけを食べ続けたわけではない。

そのためか、Twitterには

「3ヶ月毎日3食牛丼生活かと思ったら1日のうち1食だけ牛丼の具か。会社は声高に宣言してるけどいまいちかなあ」
「牛丼だけを食べていたのか大量のサラダを併せて食べていたのかによっても結果は変わるわな」
「冷凍牛丼を1日1袋だけで、他はなに食べてもいいんだったらそんなもんだろうなあ感」

と、実験前後で身体に変化がなかったことについて、驚くほどでもないとの声が続出。

「1日1食3ヶ月、『店舗内で特盛つゆだく』で再実験して欲しいが、企業側はやらんだろなあ。誰か既に実験して動画サイトに上げるとかやってないかな?」
「3食牛丼で次はチャレンジして欲しい」

と、さらなる実験を望む声もある。

1日3食、同じものを3カ月食べ続けるという極端な条件で、はたして健康に悪影響が出ない食品がどれほどあるのかは不明だが、コアな「牛丼」ファンにとって「1日1回吉ギュー」では物足りなかった?
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト