ネット界の“旬”なニュースをお届け!

メタルギアファン不安…小島氏退社

2015.12.19 SAT

噂のネット事件簿


小島氏が抜けた新「MGS」はどのような作品になるのか…? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
人気テレビゲーム「メタルギア」シリーズ(以下「MGS」)の生みの親である小島秀夫氏が、コナミを退社したことを発表。ゲームファンの間で波紋を広げている。

小島氏は1986年にコナミに入社し、1987年にシリーズ第1作が発売されたMGSをはじめ、「スナッチャー」「ポリスノーツ」「ボクらの太陽」シリーズなど、数々のヒット作を世に送り出してきたゲームクリエイター。今年10月には海外で、小島氏がコナミを退社するという報道が登場し、その進退に関心が集まっていたが、小島氏は12月16日に、

「12/15日をもってコナミとの契約終了となり、今日から新たなるスタートをきることとなりました」

と、ツイートした。

小島氏の退社は、ゲームファンの注目を集めている。前述のツイートと同じ16日に公開された、氏の新スタジオ「KOJIMA PRODUCTIONS」のサイトでは、キャラクターアーティスト、アニメーター、プログラマー、デザイナー、音楽コンポーザーなど23職種の人材を募集しているため、ツイッターには、

「コジマプロダクションが今後どういう展開をしていくのか楽しみだなぁ」
「小島さんのもとなら有力な人材が集まりそうだな」

と、これに期待する声もあがった。

ただ、「MGS」ファンからは、今後のシリーズを不安視する意見が多く投稿されており、

「ちょ…小島監督なくしてMGSはないだろ!?」
「コナミから小島監督 居なくなったのに MGSの新作作るの?」

などのツイートが見られる。一方では、コナミが公式サイトでMGS制作の新メンバーを募集しているため、

「よし、MGS新制作スタッフに小島氏を採用すれば完璧だな!」
「小島が作らないメタルギアなんて別物だろ」
「コンマイ(※コナミのこと)が募集かけてるメタルギアスタッフってやつ小島秀夫さんって人最高に適してると思うんですけど」
「新メタルギアのスタッフ募集…って最早ギャグだな…」

と、辛らつなコメントも寄せられている。

小島氏のスタジオがソニーと契約を結び、プレイステーション4の独占タイトルとして新作を開発することも発表された。これまでも幾多の名作を生み出してきた氏だけに、ソニーとの初仕事にも注目だ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト