ネット界の“旬”なニュースをお届け!

伊達政宗と話せる掃除機15万円!

2015.12.23 WED

噂のネット事件簿


『戦国BASARA』の伊達政宗の声で会話できるロボット掃除機。価格は税抜き15万円 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
「会話できる家電」として知られるシャープのロボット掃除機「COCOROBO」に、戦国武将の伊達政宗と会話できる特別バージョンが登場し、ネット上で話題となっている。

「COCOROBO」は、シャープが開発する人工知能「ココロエンジン」を搭載した掃除用ロボット家電。音声認識で操作ができるほか、充電量や掃除の状況に応じて光や動きのアクションが変化。さらに、あいさつや簡単な会話もできる。

そんな「COCOROBO」が、今年10周年を迎えたカプコンの戦国アクションゲーム『戦国BASARA』とコラボ。「プレミアムなCOCOROBO <戦国BASARA 伊達政宗Ver.>』として、ゲーム中に登場する人気キャラクター・伊達政宗のオリジナルボイスで会話できる「COCOROBO」が限定予約販売となったのだ。予約は、カプコンの公式通販サイト「イーカプコン」で2016年1月18日まで受け付けており、価格は15万円(税抜)。3月末に出荷予定だという。

「ただいま」と声をかけると「Welcome back! 会いたかったぜ」と答えるなど、なかなかカッコいい雰囲気の同製品。10年使用し続けると、特別なセリフを発するなど遊び心もいっぱいで、ツイッターでは、

「欲しいわ~(笑)シャープさん何でも作ってくれるんやなすげー!!」
「いや面白すぎやろ。笑 筆頭(註:ゲーム内の伊達政宗の肩書が「奥州筆頭」)が掃除してくれんねんで?」
「くっっそワロタwww 筆頭なのにCleaningするなんてwwwwww」

と、かなり楽しまれている様子。しかし、15万円という価格については、

「欲しい!!とても欲しい!!!!!! だがしかし買える値段じゃない!桁が違う!!」
「これ好きwwww10年愛用すると聞けるセリフとか誰得wwww話しかけて答えてくれるセリフの多さに本気を感じた。ただし15万」
「なにこれめっさ欲しい!!でも15万ってどこにあんだ!!」

などと、少々高価すぎると感じるネットユーザーが多かったようだ。

実は「COCOROBO」のコラボは伊達政宗が初めてではない。2014年11月には、声優・木戸衣吹と漫画家・霜月絹鯊とのコラボとして、美少女キャラクターと会話できる「プレミアムなCOCOROBO<妹Ver.>」を発売。また、今年5月にはアニメ『黒執事』とコラボし、「プレミアムなCOCOROBO <黒執事Ver.>」を発売している。さらに、非売品だが『機動戦士ガンダム』の「ハロモデル」「シャア専用モデル」が、東京・お台場のダイバーシティ東京「ガンダムフロント東京」で展示されたこともあった。

その価格がネックだが、評判は上々のコラボ版「COCOROBO」。次はどんなキャラクターとコラボするのだろうか。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト