ネット界の“旬”なニュースをお届け!

隈研吾知ってる?ツイで画像UP続々

2015.12.27 SUN

噂のネット事件簿


画像は2015年1月完成の十和田市民交流プラザ ※この画像はサイトのスクリーンショットです
12月22日、揉めに揉めた新国立競技場計画が、隈研吾氏のデザイン案に決定。ツイッターには、「これも隈研吾作品」と、彼がデザインした建築物の画像を投稿する人が相次いでいる。

いったんは国際コンペによりザハ・ハディド氏のデザイン案に決まった新国立競技場。しかしその後費用や工期の問題が浮上し、安倍首相は今年7月、計画の白紙化を発表した。再コンペでは、隈氏らが設計したA案と伊東豊雄氏ら設計のB案で争われ、A案が僅差で勝利。混乱に一応の終止符が打たれた。

コンペに勝った隈氏は1979年に東京大学大学院を卒業し、これまで数々の建築物や公共施設、インテリア、パビリオンなどを設計してきた人物。「日本建築学会賞(森舞台/登米市伝統芸能伝承館。1997年)」「村野藤吾賞(那珂川町馬頭広重美術館。2001年)」「毎日芸術賞(根津美術館。2010年)」「芸術選奨文部科学大臣賞(梼原 木原ミュージアム。2011年)」ほか、国内外の数々の建築賞を受賞している。

建築業界では超の付く有名人だが、今回の件ではじめて彼の名前や仕事を知ったという人も多かったようだ。そんな声を受けてか、ツイッターには、

「東京(神楽坂)にある『赤城神社』は「新国立競技場」デザインの隈研吾さん設計の建物です」(東京都新宿区)
「本学の図書館や学生会館など5棟は、この隈研吾氏が手掛けた建築物です」(作新学院大学。栃木県宇都宮市)
「新国立のA案が採用された隈研吾さんですがバブル期にはポストモダニズムのお化けのような作品も世に送り出していました。竣工当時都内でも有数のマツダの販売拠点でしたが今では斎場になっています」(M2ビル。東京都世田谷区)
「新国立競技場を設計した隈研吾氏が手掛けたスタバをご覧ください」(スターバックス太宰府天満宮店。福岡県太宰府市)
「国立競技場のデザインした隈研吾さんが最寄りの駅デザインしてた!」(JR宝積寺駅。栃木県高根沢町)
「隈研吾案採用記念! 雨に滲む浅草文化観光センター」(東京都台東区)

など、彼の手がけた建築物の写真を投稿し、隈氏を紹介しようとする人が続出している。

新国立競技場は2016年12月に着工し、2019年11月に完成の見込み。競技場が完成する前に、隈氏の手がけたデザインをチェックしてみると、楽しめそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト