ネット界の“旬”なニュースをお届け!

アップル発売なしは正解?福袋騒動

2016.01.10 SUN

噂のネット事件簿


人気の高いスターバックスのグッズだが、そこに付け込む“転売ヤー”も存在する… ※この画像はサイトのスクリーンショットです
東京・二子玉川のスターバックスの福袋買い占め騒動が、波紋を広げている。

これは1月2日、スターバックス・コーヒーの福袋を買うための行列で、先頭で“場所取り”をしていたグループが、店側の用意していた福袋をすべて購入してしまったため、2番目以降の客はまったく購入できなかったというもの。その後福袋がオークションサイトに大量に出品されていたことから、転売目的の行為とみられている。

また、ヨドバシカメラのサイトが、福袋購入のためと思われるアクセス集中によりダウンするという事件もあった。

このような福袋をめぐる騒動に対して、Twitterには、

「福袋なんてやめて普通にグッズ販売すればイインジャネーノー?元々はゲン担ぎの在庫処分なんだし」
「トラブルや転売による詐欺や悪い面しかない福袋なんか廃止しろ!くだらない」

と、トラブルを招くのなら不要なのでは…という声が寄せられている。

なお、これまで大人気だったアップルストアの福袋「Lucky Bag」は、2016年正月は発売されなかった。これについては、

「ヨドバシの福袋買占め事件を見ていると、アップルの福袋中止は正解だったと思えてくる。福袋って、中に何が入っているかわからないだけに、期待値が上がってしまうので、失敗したとき評判が落ちてしまう。それだったら、いっそのこと福袋を止めるというのもありなのかもしれない」
「スタバも米国スタバの完全子会社になるしアップルみたいに福袋販売辞めればいいんだよ」

と、正しい判断だったという声が目立つ。

来年の正月には、福袋をめぐるネガティブな騒動が起きないように願いたいものだ。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト