ネット界の“旬”なニュースをお届け!

毎月30万円 BI制度うらやましい?

2016.02.04 THU

噂のネット事件簿


スイスのほか、フィンランドやオランダなどでも導入が検討されているというベーシックインカム制度
スイスが、ベーシックインカム導入へ向けた国民投票を今年の6月中をめどに実施することが明らかとなった。ネット上では、このニュースを受けてベーシックインカムに対する関心が高まっている。

ベーシックインカムとは、有職か無職かにかかわらず国民全員に毎月一定のお金を国が支給する制度のこと。今回スイスが導入しようとしている制度では、成人国民1人あたり2500スイスフラン(約30万円)が毎月支払われるとのこと。また子供についても1カ月625スイスフラン(約7万5000円)が支払われる。

ベーシックインカム導入には2080億スイスフラン(約24兆円)が必要だと試算されており、そのうち1530億スイスフランを税金でまかない、残りの550億フランは社会保障費を削減し捻出するという。

かなり大胆に思えるこの制度に対し、ツイッターでは、

「日本もベーシックインカム導入できるといいなあ。ムダに労働してるケースは実はけっこう多い気がしてます」
「ベーシックインカムがスイスで実現したら面白いと思う。はっきり言って日本でも保険とか保障とか支援とか年金だとか生活保護とかごちゃごちゃしまくってて謎だからその辺全部ごっそり廃止してお金支給しますって言う方が圧倒的にあらゆるところで効果ありそう」

などと、肯定的なネットユーザーも多い。たしかに仕事をしなくても毎月一定のお金が入ってくることは魅力的だ。

しかし、いいことばかりではないとも見られており、

「スイスのベーシックインカム制度羨ましいとは思うけどそれ導入するために社会基盤もっと整えなきゃならないしそのためにベーシックインカム以上の重課税ありそうで怖いなあ」
「30万もらっていくらの税金を払う?それがいつまで続く?人はあるだけ使う生き物なんだから、働き場所与えるか給料日を上げる方が得策かと」(原文ママ)

と、特に税金が高くなってしまうデメリットを指摘する意見が多かった。また、社会保障費がカットされることについても、

「スイスのベーシックインカム毎月30万円は魅了的だが、社会保険の一切をそれでまかなうとなると病気できなくなるよな」
「健保や年金廃止する代わりにベーシックインカムとしてばら撒くって感じだよね。 たしかに、介護が必要な高齢者や病気な人達は困りそうだね」

などと、病人や高齢者といった社会的な弱者にしわ寄せが行くのではないかという意見も少なくなかった。

これまで世界中のどの国でも実施されていないこともあり、スイスのベーシックインカム制度の動向は、今後も世界中から注目されるだろう。
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト