ネット界の“旬”なニュースをお届け!

国士舘大の入試に『ジョジョ』登場

2016.02.06 SAT

噂のネット事件簿


入試に「ジョジョ」登場に受験生は驚き? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
現在、大学受験シーズン真っ盛りだが、2月1日に行われた国士舘大学の入試問題に、人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』(以下「ジョジョ」)が登場した、と話題になっている。

「ジョジョ」が登場したのは、2月1日から5日まで行われている国士舘大学の前期入試。試験終了直後の1日15時過ぎ、ツイッターに、

「国士舘の地理、ジョジョでてきたけど、まじかよ」
「国士舘、1日目終了(^ ^) 地理にジョジョ出てきて、ビクッた!!」

という報告が登場し、その後、問題文を撮影した画像も登場。ツイートにもあるように、地理分野の入試問題として「ジョジョ」が登場したようだ。

問題はまず、「荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険』(1984~2004年に『週刊少年ジャンプ』で連載)は、主人公であるジョースター一族と、宿敵ディオやその後継者たちが、200年以上に渡って繰り広げる戦いを描いた壮大な物語である」と、説明したうえで、日本からエジプトまでの行程を舞台にしたジョジョ第3部「スターダスト・クルセイダース」をピックアップ。

「問1 ジョースター一行は、成田空港20時30分発の航空機でカイロへ向かうが、途中で飛行機は墜落し、急きょホンコンに上陸することになる。ホンコン周辺の食文化について述べた文として最も適当なものを、次の(1)~(4)から一つ選べ」
「問2 一行はホンコンからホーチミンを目指して海路を取るが、南シナ海で再び遭難する。この海域にあり、近年中国が周辺諸国と帰属を巡って対立している島として最も適当なものを(1)~(4)から一つ選べ」

といった具合に、「ジョジョ」を巧みに盛り込みつつ、それを入試問題にしている。

入試とマンガといえば、過去にも2013年の麻布中学校入試問題理科に『ドラえもん』を使った問題などがあったが、数としてはまれ。ツイッターには、

「ジョジョが!国士舘の!入試に!!」
「まさに『な…何を言ってるかわからねーと思うが』ww」
「国士舘の入試にジョジョ出たってマジ?」

と、驚きの声が登場。しかし、

「苦手な学問を好きになるためにはやっぱりとっかかりというかキッカケが大事なんだなあ」
「相手の興味を引きつつ、問題としてしっかりしているのが素敵」
「そーゆー問題って親しみやすくてええわ~ 入試で出て欲しい…」

など、野心的な試みを好意的に受け止めている人も多いようだ。今後、話題になることを見越して、マンガを題材とした受験問題が増えることもありえる?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト