ネット界の“旬”なニュースをお届け!

「ニートの日」は一体何をする日?

2016.02.12 FRI

噂のネット事件簿


2月10日はニートの日? それともだらける日?
2月10日、「2(に)」と「10(と)」をもじって「ニートの日」と称する動きがネットで自然発生。ところで「ニートの日」とは何をする日なのか?

もはや説明の必要はないかもしれないが、「ニート=NEET」とは「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取ったもので、「就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない若者」のこと。厚生労働省の「若者雇用関連データ」によれば、ニートの数は2002年以降60万人前後で推移しているという。

希望して長期間なるべきステータスではないため、正直、めでたい日とは言いがたいニートの日だが、2月10日に日付が変わるや否や、ツイッターには、

「ニートの日らしいですね」
「そっか!今日はニートの日か。。。」
「今日ニートの日(2月10日)だってよ笑」

と、ニートの日に触れたツイートが殺到。人気アニメ『おそ松さん』が、主人公6人が全員ニートという設定のため、

「今日ニートの日か おそ松さんやな」
「今日はニートの日!!=おそ松たちの日!!」
「今日はニートの日だよ おそ松さん喜べぇ」
「今日はニートの日だったか…(笑) おそ松さんを思い出してしまうのは俺だけか」

など、同作を思い浮かべた人も多かったようだ。

「父の日」「母の日」「こどもの日」「敬老の日」などであれば、誰を祝うか、何をするかはすぐに分かるが、ニートの日は何をすればいいのか? そこでツイッターを見ると、

「今日ニートの日だから国民の休日にしようぜ」
「今日ニートの日らしいし今日も学校休むか」
「ニートの日だし今日休んじゃだめかな…?」
「今日はみんな休みましょう。そうしましょう。だってニートの日ですしw」
「今日はニートの日だったので 一日中ゲームしてた」

など、どうやら遊ぶため、だらけるための口実として使われたようだ。また、2月10日を「ふとんの日」(※日本寝具寝装品協会は10月10日を「ふとんの日」としている)と解釈した人もいるようで、

「ニートの日であり 布団の日でもあると言う事は、一日中寝ていてもいいよね?」
「ニートの日とふとんの日らしいから一日中おふとんで過ごす」
「今日ってニートの日で布団の日とか一日中寝てろって言われてるようなもんだろww」

と、本格的にゴロゴロと一日を送った人も少なくなかったよう。誰が決めたわけでもない「ニートの日」だが、こうした動きは来年以降も続きそうだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト