ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Twitter上でネタバレ論争、紛糾

2016.02.13 SAT

噂のネット事件簿


ツイッターでネタバレ経験。アナタも一度ぐらいはあるのでは? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
映画、小説、ドラマなどで、見る前に核心部分を知ってしまう「ネタバレ」は、可能な限り避けたいもの。2月9日、ツイッターで「ネタバレ嫌」というキーワードが盛り上がり、HOTワードの上位に入るなど、「ネタバレ論争」が勃発している。

きっかけは、あるツイッターユーザーが、すでに放送された番組について、「これから録画を見る人もいるのだから、ネタバレをしないで欲しい」という内容のツイートを発信したことだ(当該ツイートは削除済み)。これに対しツイッターユーザーからは、

「ネタバレ嫌なら見るまでツイッター見なきゃいいだけなんじゃないの????」
「ネタバレ嫌ならそれ見るまでtwitter開かないかやめるしかない」
「そんなネタバレ嫌ならツイッタ来る前に録画見ればええやん」
「ネタバレ嫌ならTwitterしなけりゃいいのに そこまで気を遣う?」

と、批判的な意見が続々。「ネタバレ嫌」というキーワードは、2月9日だけで3000件以上もツイートされる事態となった。

ネタバレに関しては、1月『週刊少年ジャンプ』でも騒動があったばかりだ。こちらのケースは、ジャンプ編集部の公式アカウントが、ジャンプ発売日に最新号の表紙の画像を投稿。表紙となった人気マンガ『ハイキュー!!』の展開が読めてしまう文言が表紙に記されていたため、

「本誌読んでない人いるのにもう表紙がネタバレすぎるよ編集部さんw」
「こんな壮大なネタバレする表紙やめて欲しいわ」

と、ちょっとした騒動になった。

先述の「ネタバレ嫌」のツイート主には否定的な意見が多かったが、ツイッターを改めて見ると、

「もういいかえってからみる リアタイで見たかったネタバレしないでね……」
「ゼウスだけど 土曜か金曜に見る。 今日は見ない。 ネタバレしないでね」
「みんなネタバレしないでねお願いお願い」
「ラストキス録画してるからネタバレしないでね」

など、同様の考えを持つツイッターユーザーは少なくない。「ネタバレが嫌ならツイッターを見るな」という意見は正論だが、それでもツイッターを見てしまうユーザーは、思いのほか多いようだ。少なくとも、「ネタバレがトラブルになり得る」というぐらいの意識は、各自が持っておいてもよさそう?
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト