ネット界の“旬”なニュースをお届け!

保育園落ちた。匿名投稿で議論沸騰

2016.02.19 FRI

噂のネット事件簿


待機児童問題解決の糸口となるか
2月15日、あるブロガーが、「見事に保育園に落ちたわ」という怒りをぶつけるブログ記事を投稿。これに次々と“援軍”が現れ、保育園に関する熱い議論が交わされている。

話題の発端となったのは、はてな匿名ダイアリーに投稿された「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログ記事だ。そのブロガーは、保育園の申し込みに落選してしまったようで、

「一億総活躍社会じゃねーのかよ」
「子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?」
「オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ」
「保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ」

など、怒りを爆発させた記事を投稿。まずこれがネットで大いに話題になった。

すると翌16日、都議会議員のおときた駿氏が、これに反応するブログ記事を公開した。おときた氏の主張は、「保育所というハコモノ・施設でこの問題を解決することは不可能」というもの。

都内に保育所を増設するには、非常にコストがかかるため、小規模保育や派遣型保育・ベビーシッターの活用に舵を切り、併せて、保育・子育て関連のみに使えるクーポン券を子育て世帯に一律で給付すればよいと述べた。

さらに2月17日には、NPO法人の代表理事で、都内で13の小規模認可保育所を経営する駒崎弘樹氏が、「『保育園落ちた日本死ね』と叫んだ人に伝えたい、保育園が増えない理由」というブログ記事を投稿した。駒崎氏は、「予算の壁」「自治体の壁」「物件の壁」があることを説明したうえで、

「怒りましょう。僕たちは怒って良い。予算配分は不当だし、このままだと少子化も進行し社会保障も危機になり、それは将来、可愛い我が子たちの生活を直撃するでしょう」

と綴り、フェイスブックのシェア数は1万を超えた。

一連のブログ記事を読んだツイッターユーザーからは、

「本当に同感。雇用増やすなら保育士や介護者の給料を上げればいい」
「私も保育園落ちたからあの時の怒り思い出しながら記事読んでた・・・」
「完全同意。児童手当も微々たる額しか出せないし、保育園も作れないけど、子ども産んでね、そして働いてねって都合よすぎ」

といった声が寄せられている。

1人の意見をきっかけにネットで議論が活発になることは多いが、怒りのベクトルがこれほど一斉に同方向に向かうのは珍しいケースだ。これは、都市部での保育園問題に対し、怒りや疑問を抱えている人がいかに多いかということ。一市民の怒りの声で“大きな山”は動くのか、今後の動向に注目したい。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト