ネット界の“旬”なニュースをお届け!

BIGのり弁 人気者消え悲しみの声

2016.02.26 FRI

噂のネット事件簿


白身フライファンから悲しむ声続々 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
持ち帰り弁当ブランド「Hotto Motto(ほっともっと)」が、3月1日から、のり弁当のおかずをパワーアップさせ、ボリュームを通常の約1.5倍に増量させた「BIGのり弁」(490円)の発売を発表し、話題になっている。

通常ののり弁は、おかか昆布とのりを敷いたごはんの上にちくわの天ぷら、白身フライ、きんぴらごぼう、たくあんがのって350円。対して「BIGのり弁」は、増量したごはんにおかか昆布と海苔をのせ、従来品の2倍大のちくわ天、から揚、コロッケ、ハム、フライドエッグと、おかずのバラエティが豊かになっている。

Hotto Motto公式サイトの告知画像では「ハムです! あのハムです! 間違いないです!」「サクサクコロッケがセンターポジションをゲット!」などとテンションが高いが、Twitterでは、

「490円ののり弁買うなら、ロースとんかつ弁当470円とか買わない?」
「白身フライを外した時点でこれを考えた人とはセンスが合わないわ あと高いのり弁買うなら他の買うわ のり弁は安くて質素なもの」

と、のり弁にしては高いという意見があるほか、白身フライがコロッケになったことを残念がる声が噴出。Twitterには、

「コロッケじゃなくて白身魚フライでしょ!」
「白身フライ哀しみのリストラ」
「白身魚のフライじゃないのかー」
「やっぱり白身フライいるんだよ。担当者大丈夫か???」
「白身魚のフライの入ってないのり弁なんてオレは絶対認めん!」
「BIGのり弁ほんとに惜しい 白身フライっていうのり弁の半身が無いのはまじで失敗やぞ」
「(´・ω`・)エッ? あやしい白身フライが無いんだけど・・・・・
まぁ~コレジャナイ感と高いと思うぞ」
「謎の白身魚フライをベンチ外とかどんだけ無能なんだよ
深夜枠のバラエティーをゴールデンに持ってきて失敗する典型的なパターンやんけ」

などなど、のり弁に白身フライは欠かせないという主張や担当者への嘆願が多数投下されている。

ハムに唐揚げ、目玉焼きといえば人気があるおかずの定番だが、白身フライには勝てなかった…? 姿を消して初めてわかるありがたみなのかもしれない。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト