ネット界の“旬”なニュースをお届け!

松中引退「引き際」でファン賛否

2016.03.04 FRI

噂のネット事件簿


引退を決意した松中信彦選手。美しい引き際とはならなかったが、多くの野球ファンの記憶に残る名選手だったことは間違いない ※この画像はサイトのスクリーンショットです
福岡ソフトバンクホークスを昨季に退団していた松中信彦選手(42歳)が3月1日、現役引退を発表した。現役続行を希望し、19年間在籍した“ホークス”を10月に退団して以来、他球団でプレーする道を模索していたが、松中のもとにオファーは届かず、最終的に引退という決断を下した。

社会人から1997年にプロとしてデビューし、福岡ダイエーホークス時代から19年間のプロ野球人生を歩んだ松中。2004年には三冠王を獲得した名スラッガーの引退に、ネット上の野球ファンたちも寂しさをつのらせている。ツイッターでは、

「松中信彦選手 引退かぁ フルスイングが見れなくなるのです。男のいい顔。 お疲れ様でした」
「松中信彦引退。もう一度あのアーチが見たかった」
「松中引退はほんと寂しい あの芸術的な内角打ちもっと見たかった おつかれさまでした」

などと、もっと松中のプレーを見たかったという声が多数寄せられていた。

松中は2月いっぱいを去就決断の期限としており、それまでにオファーがなかったことから引退を決意。しかし、このオープン戦前の微妙な時期まで先延ばした件については、ネット上で厳しい声もあがっていた。ツイッターでは、

「松中引退のタイミングを完全に見誤った感しかない」
「引退のタイミングって大事だよなぁ 哀れとしか言いようがない」

と、決断の時期が遅かったのではないかとの意見も多く、複雑な思いを抱く野球ファンも少なくなかったのだ。

また、引退会見で「三冠王を獲れる選手を育てたい」と指導者への夢を語ったことについても、

「松中さんの引退発表(T_T) 指導者としてホークスに帰ってきてください」
「次は監督 コーチとしてまたホークスの ユニフォームを着ることを心からお待ちしてます!」

と、期待する意見がある一方で、現役続行のためにホークスを退団した末の引退であるうえ、現役時代にコーチ陣ともめたこともあったため、

「独立リーグで育ててください 最後あんな辞め方してコーチしたいは虫が良すぎるでしょ」
「将来指導者になりたいとおっしゃってますが、現役時代に当時の秋山監督の起用方針に異議を唱えて二軍に落とされたような人が指導者になるのは無理」

など、厳しい意見も寄せられている状況だ。

現役続行を希望して退団するも、オファーなく引退──というあまり前例がない引き際となったゆえに、ファンのとらえかたも賛否入り混じっている。名誉挽回となるには、指導者となって誰もが納得するほどの結果を出すしかない?
(小浦大生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト