ネット界の“旬”なニュースをお届け!

Amazon震災の「記憶」配信

2016.03.06 SUN

噂のネット事件簿


10日からは貴重なアーカイブも公開予定 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
Amazom.co.jpが3月3日、時が経っても忘れてはいけない「記憶」をデジタルアーカイブ化し残していく「記憶の継承」プロジェクトをスタート。天災や戦争、社会問題などにまつわる人々の声や記憶を広く共有し、いつでも触れられる機会を創出することを目的とし、10日からは東日本大震災にまつわるアーカイブも配信していくという。

オーディオブック「Audible」では、当時小学5年生だった3人の高校生へのインタビューを収めた「16歳の語り部~インタビュー版~」や、「卒業式を終えたばかりの学校で ~宮城県山元町山下中学校の元校長先生が語る~」「福島の海岸線の松林の復活を目指して ~トチギ環境未来基地が活動記録を語る~」を公開予定。

「Kindle」では、「三陸・広田半島の漁師が伝えたいこと」と復興に取り組んでいる漁師からのメッセージをまとめたもののほか、当時アクセス集中により次々にダウンしたWebサイトに対し、Amazon Web Services(AWS)メンバーがどうサポートしたかを語る「会社の枠を越えたウェブサイト復旧支援 ~東日本大震災時にAWSユーザーグループのメンバーはどう行動したか~」を配信。

その他「陸前高田市消防団高田分団 震災から3か月後」「TEAM_SUMITA ボランティアの肖像」「Amazonの社員は、何故4年間ボランティア活動を継続できたのか」も公開される。

またGoogleでも「東日本大震災デジタルアーカイブプロジェクト」の活動の一つとして、被災地域のストリートビューを公開中。特設サイト「未来へのキオク」では、震災前の様子も見ることができる。

東日本大震災からまもなく5年。Twitterには、Amazonの取り組みに対して

「なるほど、こういうやり方もあったか。継続に期待。」という声があがるほか、Googleに対しては

「未来へのキオクかぁ。グーグルだけにいきなり綺麗な検索結果が出る。忘れようにも忘れられない。あの日、初代iPadを持っていてよかったとおもえることがたくさんあった。」
「グーグルのストリートビューを見ていたら、昔よく通っていた場所が更地になっていて、調べたら取り壊された様子。震災で耐震補強か解体かの二択を迫られて、後者を選んだ建物が結構あるんやな。震災以前に広い郊外に移転した店もあるし。街もどんどん変わっていくんやなーと思い出に浸ったりした。」

という声があがるなど、ネットユーザーの関心も高い。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト